結婚式をデザインする

結婚式は何のため挙げる?

「よくある結婚式じゃなくて、私達らしい結婚式がしたい。」

「ではどんな結婚式が実現できれば、ふたりらしい結婚式になりますか?」

「・・・・」

ふたりらしいが何なのか、何をしたいのかも検討つかない。
何をどうしていいのかさっぱり分からない・・・

でも人とは違う自分達らしい結婚式をしたい。

では”あなたらしい”って何でしょう?

少し立ち止まって
『何のために結婚式をするのか、一緒に考えてみませんか?』

ここから全てが始まります。

結婚式がゴールではなく、ふたりの新たなスタートラインになる日だからこそ、これからふたりで生きる人生をいかに心豊かで楽しいものにするか、優しさや思いやりや笑顔に溢れたものにするか、いかにふたりが生きやすくするか・・・

その原点となる日に、幸せになるために結婚式(お披露目)があるのです。

  

では、どうすればそんな結婚式になるのでしょうか。
実際に結婚式を挙げた新郎新婦様のアンケートでは、

Q. あなたはどのタイミングで結婚式(お披露目)をやってよかったと感じましたか?
どこでお披露目が成功したと感じたかを聞くとみなさん同じ答えが返ってきました。
A. みんなの楽しんでいる様子や笑顔を見てやってよかったと思った。

自分たちの入場の瞬間でも、ケーキカットのときでも、手紙を読んだときでもなく『自分達が何かをして満足』ではなく『ゲストが喜んでくれて満足』だということ。

招待状の向こうにゲストの読んでる姿を想像してみる。
ゲストテーブルに座っている視線でタイムテーブルを考えてみる。
自分がゲストになったつもりで考えたり、ゲストがどう感じるかを意識して選んだり、ゲストの喜ぶ顔を想像しながら作り上げた結婚式は、その心意気だけで評価がアップします。

結婚式の当日、相手側の招待客の方々とは初対面かそれに近いはず。
初めて会う人と仲良くなるためには、
「どちらかが笑顔を向ける」
「どちらかが歩み寄る」
「どちらかが話しかける」 など、

どちらかが何らかのアクションを起こさなければ距離は縮まりません。

あなたはメインテーブルに座ったまま人が来てくれるのを待ちますか?

それともゲストのテーブルに自分達が行きますか?

ゲストの誰もが「おめでとう」を言おうと思っています。
あなたは「おめでとう」と言われてから「ありがとう」と答えますか?
それとも「おめでとう」と言われる前に「来てくれてありがとう」と言いますか?

結婚式(お披露目)の中身をゲストの笑顔を思い浮かべながら、自分から動くことを考えてみる。どうすることがベストなのか妥協せずに考える。
それを一つひとつ積み重ねていく。
そうやって積み重ねていくとだんだんとにじみ出てくる色合いのようなもの、少しずつ漂ってくる香りのようなもの、そのぼんやりとした輪郭のないもやのようなもののことを”おふたりらしさ”なのだと思います。このおふたりらしさとははっきりとした形はなく、徐々に、にじみ出てくるものなのです。

心と心が通いあうふたりに

毎週会うのが楽しみだったはずなのに、結婚式の準備を始めたらケンカばかり・・・
結婚式の準備ってもっと楽しいものだと思っていた・・・
彼はなぜ協力してくれないの?
本当にこれから先2人でやっていけるのかな?

恋人時代あんなに仲の良かったはずの二人が結婚式の準備を始めるとたくさんのトラブルに見舞われます。いったい何が変わるんでしょうか?
僕と私に違いはありません、愛し合ってることも変わりありません。これからも仲良くやっていきたいと思っていることも同じです。ではいったい何が変わるのか?
答えはふたりの位置関係ではないでしょうか。
恋人同士のうちは互いに向き合う関係です。お互いが見つめあって相手のことを考える状態です。それが夫婦になると並んでひとつ方向を見る関係に変わります。そして結婚式の準備期間と言うのはまさに恋人から夫婦になるための練習期間なのです。

何の練習もせずに逆上がりできるようになりましたか? 自転車はどうでしたか?結婚生活・夫婦生活だって練習しなければいきなりうまくいくはずなんかありません。
結婚式の準備とは
違う環境で生まれ育った2人…違う性格・違う考え・違う意識・違う感覚を持つ2人がその違いを認め・受け入れ・尊重し、また自分という個性を受け入れてもらう。
その違いをわかった上で見るべき同じ方向・進むべき同じ道筋、歩く歩幅・早さを合わせる練習です。元々違う2人を一つに近づける作業なのです。なにがあっても絶対に乗り越えていける強靭さがあればそれだけで十分なのです。

おふたりは「いつ」「どこで」「どんな方と」
結婚式を迎えたいですか?

 結婚式は一日のできごととは考えずその日のためにおふたりで準備する時間や、打ち合わせ時間、 ゲストのことを想う時間、準備のすべてが結婚式の一部だと考えています。

式場などの専属プランナーとの打ち合わせは通常4〜5回程度。WEDDING DESIGNでは、申し込みをいただいた段階から、会場探しや衣裳フィッティングの同行、司会者打合せ、装飾デコレーションの打合せ同行にいたるまで約10回前後に及びます。枠にとらわれず、まずは思いっきり「こんな結婚式がしてみたい!」とイメージを膨らませてみてください。その想いを私たちがデザインしながら準備も当日も、式後も幸せな時間が続くようおふたりと一緒に伴走者として創り続けていきたいと思っています。


私たちがお待ちしております

「不透明」「不明瞭」「不安」のないウェディングを目指し、おふたりの結婚式をサポートさせていただくのは、ウェディングのキャリアを積んだプロのプロデューサーとクリエイターです。最初からふたりの個性、互いに想い描く結婚式のパーツが全て一緒、というふたりはいません。むしろ違って当たり前からのスタートなのです。私たちが心を込めて、お二人の結婚式のお手伝いをします。

代表 元花千佳
「結婚式を挙げる意味は?」「ふたりらしい結婚式とは?」
「真に新郎新婦にとってのウェディングプランナーとは?」
フリーに転身した当時の気持ちをこれからも大切に、1組1組丁寧に寄り添い、ふたりの一番の頼れる存在として、悩みや不安を一緒に解決していきながら夢がたくさん詰まった結婚式を叶えていきたいと思っています。

プランナー 福田夏希
結婚式には大きな愛情と 未来への大きな力が詰まっていると信じています。どんな場所でも どんなカタチでも 大切にその日を迎えればその先のふたりをずっと後押ししてくれる記憶となるはずです。​
夫婦の第一歩にそっと寄り添うことができますように。

プランナーについて詳しく見る

場所にとらわれない自由なウェディングとは?
What’s Freelance Wedding Planner?

どんなことをしてくれるの?
Q & A


ウェディングプランナー選びから始める結婚式準備



Party Produce Fee

メインウェディングプロデューサーとして、全体のコーディネートのスタイリストとしてトータルにお二人のウェディングを彩るサポートをいたします

ウェディングTotal費用の10%〜20%
Minimum charge 20〜30万円
開催会場(結婚式場・温泉宿・テーマパーク・ご自宅etc…)・規模より変動いたします


Party Decor Styling Fee

ウェディング装飾などを中心としたデコレーションに関するスタイリングをサポートいたします

フラワー/クロス/コーディネートグッズなどの
Total費用の20%+12万円


過去のウェディング事例
Wedding Gallery Pageはこちら

サイトマップ