みんなで創る!

天気が悪かったり、台風がきたりするとこの日を思い出します。
1年前の半田市にある元カブトビール製造工場跡となっている赤レンガ建物での結婚式。
台風が迫ってきている天候の最中、開式直前まで雨が降っていました。

「外で挙式をする!」と決めたのが確か開式1時間も無いくらいだった気がします。それまでどうしても諦めきれなくて、シェフの方、音響スタッフ、お花屋さん、すべての方に無理を言ってギリギリまで待ってもらっていました。私のわがままというか、ふたりの希望を叶えたい!!ただただそれだけだった気がします。建物と屋外の敷地も広くて、部屋と部屋を移動するにも時間がかかりスタッフ同士の情報共有にとても苦労しました。式前に野外でウェルカムドリンクを出したりして過ごす計画はかなえれなかったけど、15分前になんとか雨が止み、急いで白いバージンロードを敷いて(この布がなかなかの重さでこたえました〜)実現したガーデンウェディングでした。バージンロードから覗き込むゲストの姿にどれだけふたりの結婚を待ちわびていた人が多かったか、感じ取ることができます。

式後は普段カフェスペースとしている場所を披露宴会場に。実は60名〜70名ほどがちょうどいいと言われていたスペースに120名ものゲストを招待したワイルドなウェディングだったんです。椅子も当然足りません。レイアウトもシミレーションして入る!という道筋が見えたところで必要な備品を館内から集めたりして総動員でした(笑)今思い返しても奇跡としか言い表しようの無い1日で私自身も新たな経験を積んだ結婚式でした。これは、ふたりはもちろん、ゲストと創った結婚式だったことが成功した大きな秘訣だったと思います。
「みんなで創る!」
できそうでできないこと。
スタッフもゲストも、みんながこの環境を受け入れてふたりを祝福するエネルギーで溢れていました。ふたりのお友達・家族だからこその結婚式の空気感だったと思います。どんなに自分たちのオリジナル・オリジナルと言って形ばかり準備してきても、ふたりよがりは何も意味を成しません。この空気感、ライブさが交わることで、ふたりの結婚式の本番全てを決める気がします。

乾杯のカブトビール、みんな美味しそうだったな。
この笑顔を見るだけであの時の感情がじわっと溢れてくるから不思議です。

今日は秋雨の季節に思いを馳せた思い出日記でした。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

フリーランスのプランナーってどんなことをしてくれるの?

こんにちは!
人気が上がってきているフリーランスウェディングプランナーのこと。
でもそれはまだまだ業界内だけの話。

きっと、これから結婚式を挙げるお二人にとっては
「フリーランスのプランナーって?」
はてなだらけだろうなぁと思い、“Q & A”のページを加えてみました♪

式場に所属する専属プランナーとも協働しながらウェディングをサポートしたり、具体的な打合せが始まったお二人へセカンドオピニオンとしてバックアップや式場ではない会場でゼロからのプロデュースももちろん大丈夫!!
結婚式は十人十色。1つ1つ違うからこそ”ふたりらしい結婚式”を寄り添いながらサポートしたいなと思います。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

リラックス。

3連休の翌日はちょうど火曜でお休みをいただいていました。
現場と打合せラッシュを無事乗り越えての休日。ドライブしながら三河湖の湖畔で椅子とテーブルをセッティングしてコーヒーを飲みながらのんびり過ごしました。外に出ると桜の木があって、ふんわり桜の香りが。車のエンジン音も、街中のざわざわもなく、そよそよとそそぐ風と湖のきらめきがとてもリラックスできました。秋のシーズン中のつかの間の充電タイム。何も考えない。たまにはそんな時間も大切ですね。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

 

ホテルスピリッツ。

昨日は珍しくホテルをはしごしての打合せへ、名古屋城のお堀隣り”ウェスティンナゴヤキャッスル“さんと伏見の老舗”名古屋観光ホテル“さんへ出かけていました。こうして2軒続けて行くとそれぞれの建物の雰囲気はもちろん歴史、ホテルマンのサービスの個性もクリアに違いを感じれて勉強になります。

ウェスティンさんでは秋のお二人の試食会の後に打合せを進める予定が少し早く着いてしまい、ご厚意でデザートをいただいてしまいました!!思ってもいないデザートのおすそ分けにとーっても幸せでした。ご馳走さまでした。
そしてこのデザート、少し秘密があり、ブランデーをかけ炎でアルコール分を気発させる”ベイクドロシア”というお料理演出で、私もお肉ではよくフランベショーというように経験したことがあったのですがデザートでは初めての炎演出。間近で体験すると迫力満点でした!
せっかくムービーも撮ったのでアップします♪
本番では人数も多いため2台ほどでシェフが演出をして、暗闇の中、熱々のブランデーをメレンゲとアイスが入っているデザート(写真左下)へと炎ごと掛けます!トレーも熱々で大変そうですが、ここはホテルスピリッツ!我慢です〜。(担当の林さんの饒舌トークで場が盛り上がります)
デザートはもちろんペロリと美味しくいただいてしまいました。

観光ホテルさんではすっかり秋のデコレーションでエントランスはハロウィーン気分になっていました。ここではお花、音響、引出物などなど結婚式に関係するアイテムの打合せをドドっと進めていきます。ここでは予め作成して共有していたコンセプトシートを元に話を進めて行くのですが、お二人にとってはイメージを語ることを都度必要とされるので、慣れていないといざ言葉にして伝えるというのは案外難しいことかもしれません。いつもならかみ砕かないフレーズも1つ1つ言葉を拾ってかみ砕く事でゴールに近づいて行きますのでここは諦めず双方のコミュニケーションが大切です。

明日は、蒲郡の温泉宿にて打合せ。ご両親もいらっしゃるので安心して当日を迎えていただけるよう資料を準備して臨みます。
この3連休もあっという間ですね。
これからのシーズン、実りの秋が楽しみです♪

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年9月までのサポートの受付をスタートしました!

ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

ご両親ケアしてますか?

すっかり10月に入り、今朝はずっと冷え込んで昨日は中秋の名月がとても綺麗に見えました。実りの秋ですね。この秋も結婚式場をはじめ、レストラン、アウトドア、公園、テーマパークなどの様々な場所で結婚式を迎えるお二人もたくさんいらっしゃると思います。ふと立ち止まって周りの様子をみてみると、ここ数年感じるのが結婚式準備を進めていくとき、過去ご両親の介入が普通だった時代からお二人主導で進める時代へと移り変わっているということです。

きっと今のご両親世代のもっと昔、新郎新婦のお祖父様・お祖母様世代の抑圧の中での教育・社会的価値観から自由を求める声へと移り変わり、現在では経済情勢に加えて多様化が当たり前になりつつあるのが理由の一つでもあるように思います。そうした時代に移り、過去体験した経験を子供にはさせないようにとあまり二人に干渉しないご両親が増えているそうです。私もお二人へご両親様の意見は?と尋ねると「好きなようにやっていいと言われています」という答えを聞くことが多いのですが、当日お会いすると「何も聞いていなくて・・・」という声を実際に聞くことも。私は心の中で思わず(え!聞いていない!?)と叫びつつも慌てて1日のスケジュールと概要を伝える場合もあります。意外に二人は普段仕事していたりで忙しく伝える時間を取るのが難しい場面が多いのだと思います。でも、結婚式はふたりだけで完結するものではありません。親御様の元に産まれて育ち、たくさんの人との出会い、成長があって価値観の違う二人が出会い、結婚式を迎えます。私の個人的な気持ちとしては新しい戸籍を作るということは、サラリーマンで言えば新しい会社を作るために創業・独立するのと同じくらい大きな責任を持って迎える節目です。フォーマルな式でもカジュアルな式だとしてもそれは変わりません。そして親御様は二人と同じくらい結婚式を楽しみにされていて、楽しみな気持ちと同じくらい心の中では心配されているはずなんです。式場で挙げる場合はまだ親御様もなんとなく流れが想像できますが、例えば公園などの式場の設備がない場合はどうでしょうか?過去、そのような場所で結婚式が当たり前ではない時代を過ごしてきた親御様にとって不安は倍増です。ここ最近、私もふたりだけへの打ち合わせではいけないと反省し、事前に必ずお話をさせていただく機会を設けるようにしました。お二人からプロデュースの申込をいただいた後と、挙式1ヶ月前の最終概要が決まるタイミングの2回です。式場勤務時代には考えもしなかった親御様向けの打ち合わせ。でもお話をしてみると、親御様なりに気にしていることって実は多いんだということです。お二人は結婚式プロデュースのプロではないため、そうした当日の動きや婚礼文化の知識・習わしなどお伝えできることは本当にたくさんあり、しっかり伝えてお話に耳を傾けることで安心いただけるということを実感しています。家族同士だと時に感情的になってしまう時もありますが、代わりに私がなぜこの場所を選んだのか、なぜこのようなプログラムなのか、引出物、料理なのかをお伝えすることでご理解いただけることもあると思います。

当日ホスト側となるのはふたりだけではなく家族にもその役割があります。事前にシェアをすることできっと良き理解者となってゲストのおもてなしをサポートしてくれるはずです。そうしたこともケアしながら、素敵な結婚式を迎えてくださいね。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年9月までのサポートの受付をスタートしました!

ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

ドレスをオーダーする愉しみ。

東京、外苑前駅から歩いて15分ほどにあるオーダードレス専門店のクロカンブッシュさんへ、みんなと見学にお邪魔してきました。ドレスをオーダーするというと、既にデザインが決まっているサイズオーダーと、1から作っていくフルオーダーに分かれます。
主に、式場提携の大手ショップではほぼ前者、デザイナーさんがされているケースでは後者(サイズオーダーも一緒にしている場合もあります)になることが多い気がします。この日はクロカンブッシュのデザイナーでもありオーナーの荒井さんから直接お話を聞くことができたのですが、まず感動したのが、クローゼットを開けるとびっしり用意されたサンプルドレスの数!! そして、上下が必ずセパレートになっているということと、袖、リボン、トレーンなども部分的なパーツで様々な種類用意されているということです。ほとんど私が見てきたオーダーショップでは、どうしても、オーダー毎にお渡ししてしまうので手元に残らずサンプルドレスが豊富にあるというわけではないという点です。この場合、過去の事例を見ながら袖は付けて、デザインはこんなふうに・・・と仮縫いが出来上がるまで想像の世界でコミュニケーションを取る必要があり、きっと花嫁さんへはリスクが大きい気がしていました。仮縫いでも、実物と同じ生地ではないケースが多いので素材の雰囲気が果たして自分自身にマッチするのかどうかも想像の世界でしか出来上がりまで分からないこともあります。

この日1着のドレスを基準にして、3種類も4種類も自在にパーツを変えながら花嫁の印象が大きく変わるというマジックのような提案に感動してしまいました。実際の生地感の確認ができるのはもちろん、オーダーでもクラシカルな教会ならあまり露出は少なめにして、トレーンの長さボリュームはこのくらい。レストランなら、裾のボリュームは控えめにしてゲストとの距離が近く動きやすいもの。というように花嫁のイメージ+全体のイメージも総合的にバランスを大切にしながらパーツを色々と組み替え合わせていくことでミスマッチが防げると思います。色んな話をいっぱいしてあっという間の2時間。クロカンブッシュさんの花嫁を安心させる提案力、とても勉強になりました。

HPはこちらです。
たくさんの花嫁にオーダーの楽しみを味わってもらえたらと思います。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!

ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

「日本の結婚式」掲載いただきました。

日本の結婚式 No.25「お手本にしたい和装Snap」特集にこの春、プロデュースさせていただいたおふたりのレポートが掲載されました!東京へ足を運んで悩みに悩んで選んだヘッドパーツのこと、打掛と小物の色合わせ、式のこと、一部抜粋ですがご紹介されています。
書店で見かけられたら是非お手に取ってご覧いただけると嬉しいです。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年9月までのサポートの受付をスタートしました!

ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

結婚式は式場で挙げるだけじゃない。

人や初めて会う方との話の中でどんな仕事をしているのか?という会話になることがよくあると思います。私も何気ない会話の中でお仕事について聞かれることがあり、広く一般的な分かりやすい表現として「ウェディングプランナー」と答えることが多いのですが、皆さんからは「プランナー=式場で働く人」というイメージが返ってくるので、やっぱりまだ知られていないんだなぁとというのが最近の気づきです。

大前提フリーランスのウェディングプランナーという存在を知らないということと(私たちの活動がまだまだ足りず反省!)、結婚式は式場で挙げるものという決まりきったイメージがまだ大多数なのだと思います。式場で挙げることを否定するのではなく、ありとあらゆる場所、例えば旅館やレストラン、美術館、テーマパーク、海、自宅の庭 etc…どんな場所でも結婚式ができる可能性があって、二人に合わせた1日を創れるということをもっともっと知ってもらえたらという気持ちです。私の活動は、これから結婚式を予定されている二人はもちろん、今まで式に価値を見出せなかったお二人や経済的な理由から諦めていた全ての方々へ1組でも多く、幸せの瞬間を共有してもらうこと。
絶対大人数招待して披露宴をしなければいけないルールもありませんし、こうすべきという慣例に縛られる必要もありません。挙式だけだったり写真だけの結婚式、家族と国内旅行を兼ねた結婚式ツアーなんていうのも面白いイベントだと思います。どんな1日を共有したいかをまず二人がイメージして、そこから見えてくるものをカタチにする方法も1つです。

二人には二人のライフスタイルがあるのと同じく、結婚式のスタイルも選べる時代です。式場だけが結婚式を挙げる場所ではなくて、方法はたくさんあるということをもっと知ってもらえたら良いなと思います。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年9月までのサポートの受付をスタートしました!

ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

Qazariさんへ。

白無垢と合わせるヘッドパーツとイヤリングを探しにカザリさんへ。
普段、着物にはイヤリングはしないのと、生花をヘッドに付けるコーディネートは和装ではよくみると思います。今回は、その生花は付けずアクセサリーにすることに。
この日は久しぶりのカザリさんへ訪問で前よりもアクセサリーやドレスが増えていました!!エリさんに聞くと、少しづつドレスもレンタルできるように仕組みを整えていくのだとか。オーダーがメインだったので、嬉しいですね。

新婦リカさんと電話をつないでヘアメイクさんと私、リエさんの4者会議で悩みに悩んだ結果・・・
パール感が大人っぽい大ぶりのイヤリングとヘッドパーツを当日付けることに決定! 小物選びは迷いますがやっぱり楽しい時間です。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年9月までのサポートの受付をスタートしました!

ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

和ウェディングの準備。

昨日は最終のお花の打ち合わせで大須のプーコニュさんへお二人と出かけてきました。会場が決まり、テーマカラーや方向性が決まってきた頃、お二人の場合半年以上前でしょうか、最初の段階で描いたビジュアルイメージをいよいよ形にしていく最終段階を迎えています。
想像を膨らましながら、衣裳に合うブーケのデザインや季節感に沿った花材選び、二人らしさのエッセンスを見える化していく作業は言葉で伝えるのは難しい場合も多いですが、フローリストさん始め、フォトグラファー、ヘアメイク、司会者さんへのイメージ共有もスムーズにできるのでよく活用しています。そして結婚式の経験数では私の方が多い分、少なからずここ1年お付き合いさせていただいて、好きなことそうでないことも分かっているからこそ、自分がブリッジとなりソフト面でバックアップするのも私の大切な仕事の1つです。
来週はご両家の親御様にもご挨拶で岐阜の西と東へ向かいます。お電話させていただくと、やはりお二人から情報をもらっていない親御様が最近は多くメンタル面でもご安心いただけたらという気持ちです。あとは、テーブルクロスやナフキンを買ったり、会場設営の最終チェックなど細かな作業が続きます。
150名の大家族の式。ワクワクドキドキです。

お花のお打ち合わせ前に二人と下町喫茶店で打ち合わせの時に一緒に出てきたお菓子。そう!名古屋名物、しるこサンドです。久しぶりの味、懐かしかったな〜。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年8月までのサポートの受付をスタートしました!

ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー