花嫁支度の時間。

昭和の東京オリンピック以前までは、自宅での花嫁支度が当たり前だった時代から、高度経済成長とともにホテル・専門式場が急激に増え式場での支度に切り替わっていった過去50年の日本のウェディング業界。


今年は2度目となるオリンピックの経験を迎える親御様世代もいらっしゃれば、私も初めてとなる令和の”東京オリンピック”。時代を遡っていくと経済情勢とともに結婚式のスタイルも翻弄されている部分が少なからずある気がします。家族の価値観、個の価値観まで変わってきていること、そうした時代の変化を受け取めながらも、お二人夫婦としてのケジメの気持ちをカタチにするベストな姿をこれからも大切にしていきたいですね。

自宅での支度も決して押し付けるイメージではなくて、挙式と披露宴だけが結婚式の時間ではないからこそ二人がどんな時間を大切にしたいのか、家族へ伝える感謝のカタチを見つめ過ごす時間も同じくらい大切にしてほしいと思っています。

もうすぐ季節の変わり目、立春。
今年もどうか全ての花婿・花嫁さまが思い出深い結婚式を迎えていただけますように。

ウェディングドレスを購入するという選択

ドレスはレンタルするのが当たり前の時代から少しづつ購入も当たり前になってきているのをご存知でしょうか。むしろ、海外では日本よりも価格が安く、購入がごくごく一般的でレンタルという概念はあまり無い文化でもあります。

素材感やデザイン性、いつもの洋服を買うのと同じようにブランド物を選ぶのか、ファストファッションの感覚で組み合わせをカスタマイズし手軽さを楽しむのか。こだわりだしたらキリがないですが、ドレスもそれくらい選ぶ幅が広がってきていますし、むしろその選択もアリだと思っています。価格も数年前に比べてぐんと選べるようになりましたね。もちろん、サイズ感だったりあまりにも縫製が見るに耐えれない物はお勧めしませんが。

そしてドレスだけを選べば完成というわけではなく、ヘッドパーツだったり、ブーケのテイスト、夏のウェディングなら足元はサンダルを履いてみる、冬ならウールで温かみを取り入れるなど季節感を感じられるコーディネートにすると気張っていないオシャレ感を演出できるはずです。
そんなようなことも意識しながらぜひ素敵なお気に入りの1着を身につけてくださいね!

家族で過ごすオリジナルな1日

ステンドグラスから差し込む光が美しいチャペル。
香川県の島の一つ、直島伝道所。多摩美術館の皆様の力も借りて生まれ変わったこのチャペルはシンプルながらも温かみを感じる教会で私も大好きな場所。
参列人数は大人数入れませんが、家族・親しい友人と一緒に挙げる挙式の素敵なところは終始和やかで肩肘はらないアットホームさと互いの距離が近いこと。
お父様とバージンロードを歩む瞬間、お母様からベールを下ろしてもらい最後の花嫁支度完成してもらうシーンなど、今までサポートさせていただいたお二人ごとに小さくてもそれぞれのオリジナルのカタチで心のこもった時間を過ごしていただいているように感じます。

自分が育ったルーツや価値観など、自身を振り返れるいい機会にもなる結婚式。
その瞬間に立ち会わさせていただくご縁に日々感謝です。

HAPPY NEW 2020 !!

2020年、あけましておめでとうございます。
今年の元旦は天気も爽やかに晴れて気持ちいいはじまりでしたね。ご来光も綺麗にご覧になった方も多いのではないでしょうか。


私の今年のテーマは「駆け抜ける!」です。もう勢い半分(笑)
思い込みや自分の中で無意識に作ってしまうようなフィルターを通すことなく、フラットな気持ちで今の自分に与えられた使命をひたむきに謙虚に取り組むこと。

去年は令和元年5月1日に那古野に身を移して種まきの年でした。今年令和二年はそのタネに水を撒き、少しづつ芽が出せるよう頑張りたいと思っています。
そして、那古野の街と結婚式、まちづくりへとさらにたくさんのご縁を広げていきます。その取り組みの一部である、ホテルと茶房のオープンについて皆様に発表です。
春から初夏にかけて、古民家をフルリノベーションさせた宿とお茶を中心とした茶房をスタートさせる予定で、現在内装設計打合せ中です。
結婚からはじまる点が街の中で線につなげていけるようにするのが目標で、宿でお式の前日や当日に宿泊してもらいゆっくり時間を過ごしてもらえること、観光や大切な人・仲間と訪れたくなるような日本の文化を体験できる茶房。それ以外にも、人生の中には幾ものハレがありケ(日常)があると思うのです。子供が生まれたらお宮参りから始まり、七五三、結婚を経て記念日に再び訪れる場所になれるまち、そして普段も遊びに来れたりと思い出がそれぞれの方の心の中に紡がれていくまちが那古野であって欲しいという願いで少しづつ魅力を積み重ねていきたいと思っています。

15名様ほどの少人数ですが、縁結びの神様 木花咲耶姫(コノハナサクヤビメ)さまが祀られている冨士浅間神社での挙式も神社の皆様の快諾を得て受付開始させていただいています。そして挙式の後は、那古野の美味しいレストランで親しい方々とゆっくりお食事会がオススメですよ!

那古野のまちが皆様にとってワクワク楽しい場所となっていけますように。
今年もブログから活動を随時お伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします!

1周年。まだ1年。

 

早いものでお2人の結婚式から1年。
結婚式ってつくづく不思議なパワーを持っていると思います。

私がお手伝いしたことは2人の人生の中でほんのささやかな点でしかないけれど、その点が何十年経っても記憶に残る1日になっていただければ。
その願いは何十年後かにわかるものだけど、それが叶えられれば自分の仕事の使命が全うできたと言えるようになるような気がします。

その繰り返しなのに、1つとして同じ結婚式はないし、だからこそ私がこうして続けていけている理由なのだと思います。
振り返れば今年もたくさんの出会いと経験を積ませていただき本当にありがとうございました。

今年も残りわずか。皆様にとってどんな1年になりましたか?
新しく迎える新年が、全ての方々にとって素敵な年となりますよう心よりお祈りいたします。

Thank you for all couples and great full team!2019.

あなたにとって結婚の節目って?

結婚式は不思議なパワーを秘めているといつも感じます。そのパワーは目に見えて出てきたりじわっとしたものだったり色々。
でも昨今たくさんのライフスタイルがある中で、人それぞれ違って当たり前を受け入れれると自分ができるコトの幅も広がり深まっていくのだと思います。



あなたにとって結婚とはなんでしょう?

今まで一人ごとだった人生の節目が2つになる日。

大げさでなくてもいいんです。
写真を普段着で残すとか、食事をしてお祝いする、両家の家族と過ごし互いを深める、挙式をする、挙式だけは寂しいから披露宴をやっぱりしようetc…

どんなカタチがいいのかをお二人へ導くのが私ができる仕事なのだと思います。

 

久しぶりの。

夏からブログが途絶えてしまってました。那古野に拠点を移し、早いもので半年。でもまだ半年。
秋、慌ただしく動きつつも街づくりと結婚式のサポートを並行して進めています。この秋はなんだか岐阜でのプロデュースが多く、来週末は郡上のもっと上、和良という町に移住されたご夫婦のお披露目結婚式です。

結婚式には色々なドラマがあり、家族間、地域の方々とのコミュニケーション、私たちとの打ち合わせetc…
お二人にとって初めての結婚式。形のないものをつくるのは楽しくもあり、心配になることもあるでしょう。でも当日を迎えてしまうとなんだか寂しかったりします。たくさんの気持ちのキャッチボールで当日が彩られていく過程は私も常に学ばせていただくことが多く、挑戦の毎日です。

今年も残すところあと数ヶ月。結婚式という人生の節目に携わらせていただけること、この1つ1つのご縁をいただけることに感謝して、私ができることを積み重ねて行きたいと思います。

7/21(sun) ウェディングギャラリー開催

インスタグラムでも告知させていただきましたが、こちらでも♩

7月21日(日)にウェディングギャラリー 元花千佳 写真展を那古野・円頓寺にて開催します。

独立して7年が経ち、振り返れば結婚式場はじめ美術館、公園、レストラン、ご自宅でのウェディングなど、本当にたくさんの結婚という記念日に携わらせていただきました。

フリーランスならではの、自由で個性的な、どれもかけがえのない夫婦のスタートラインとなる1日を多くの方に知っていただきたく、ギャラリー当日はフリーエントリーでどなたでも自由にご覧いただける1日です!

元花と福田もイベント終日、在廊しております♩

 

ギャラリー中にはイベントも開催^^

◉イベント1◉

30代からの結婚相談会&那古野ウェディング

着るもの、行く場所、一緒にいるひと、好きなもの。自分に必要なものが、よりシンプルに見えてきた30代。従来の結婚式のイメージと、自身のライフスタイルとのギャップを感じているあなたへ

元花による結婚式準備個別相談会(無料・予約制 限定3枠)

12:00~ / 15:00~ / 16:30~

 

◉イベント2◉

テーマウェディングの作り方、結婚準備勉強会

最近注目されているテーマ・コンセプトウェディングの作り方や会場主導ではない二人主体でセルフメイドできるようレクチャーします

14:00~15:00まで(参加費¥1000)

 

イベントに参加いただいた方には喫茶ニューポピーさんのコーヒー付きです*

 

ギャラリー&イベントに向けてせっせと準備中〜!

皆様にお会いできること、楽しみにしております♩♩

 

ご予約・お問い合わせはこちらまで ◎

 

====================

■場所:エスプラナードギャラリー 

名古屋市西区那古野1-34-1

https://www.google.com/maps?ll=35.175706,136.892432&z=16&t=m&hl=ja&gl=JP&mapclient=embed&cid=9749897128329008176

■日時:7月21日(日)12:00~17:30

■入場無料 ギャラリーフリーエントリー

====================

円頓寺 トマト祭り2019

つい先日円頓寺商店街でトマト祭りが大賑わいで開催されていました。雨天予報でしたけど、無事にアーケードもある中だっらので日差しも程よい感じでほのぼのした日曜に。

戦利品は、ほうずきトマトの黄色バージョン♪16個で500円!きゃー!即買いです(笑)フルーツみたいな甘さで止まらないほど美味しかったな〜

元気な街を眺めているだけで楽しいですね。次回は、年に一度の恒例、七夕祭りです。7月の末からの1週間、私にとって始めての円頓寺七夕祭りでワクワクしています。

何度でも戻ってこれる場所に。

何度でも戻って来れる場所を。
名古屋駅から一駅の距離にある、那古野。そして円頓寺商店街と四間道をご存知でしょうか。氏神様である浅間神社、近年レストラン(日本食・イタリアン・フレンチ・スペイン料理など)が増え魅力ある街へと進化しています。結婚式はウェディングプランナーから選ぶという選択価値と同様に、これから料理人も選ぶということもそれと同じくらい価値あることへと気づかれていくのだと私は感じています。

子供が生まれたら式を挙げた神社でのお宮参りや七五三、夫婦の記念日ディナーなどというように環境が変化しても繋がっていける街であること、思い出はその個人個人の中に生き続け、結婚からはじまるストーリーが那古野の街と紡いでいけれるように。何よりも、名古屋魅力ない街ナンバーワン2年連続が悲しくて、友達が来たら連れていきたい場所にするのが目標です。
水曜はそのスタートとなるためのスチール撮影をしていました。
この日がまた明日へと続く記憶の第一歩。私たちの顔がすぐそこで見えるようなお手伝いをしていきたいと思います。
那古野と結婚式の物語のはじまりです。
ホームページもオリジナルページを作っていきます♪

まずは、街が紹介された素敵なWEBページもありますので、こちらもご覧ください。那古野には個性派揃いの作り手がたくさんいらっしゃいます。
http://nagono.jp