9年目のアニバーサリー。

久しぶりの再会(厳密には7年ぶりかな?)
9年目の結婚記念日に、私も誘っていただいて昨夜は食事をしていました。産まれたばかりだった、ちいちゃなNちゃんは、すっかり大きくなって今年で小学校1年生を迎えたそう。

私がゲストハウス時代にプランナーを担当してから長い年月が経ったように感じるけど、今も絶えずこうしてご縁が続いているのが本当に嬉しい!! 当時、新郎新婦だった二人もパパママになって幸せそうな家庭を築いている様子が伝わってきます。というよりも、二人全然あの当時と変わらなくてビックリ(笑)
懐かしの写真も見たり、今の互いの近況を話し合ったり、自分の原点を作ってくれた時代のお二人と話しているとあの当時がまだ鮮明に思い出されるから不思議です。またこれからも折に触れて会えたらいいな。
Nちゃん、今度はばぁばの家で一緒にマリオカートしに行くから遊んでね*

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年11月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

おじいちゃん、おばあちゃんへ。

東京在住のお二人。
高齢で東京まで出てこれないおじいちゃんとおばあちゃんへ、花嫁姿を見せたいという東幡豆出身の新婦Kさんの思いを叶えるべく、ご家族様の披露宴を心を込めてサポートさせていただきました。

10月はほとんどの週末が雨天だったのが嘘のような11月最初の週末は雲一つない秋晴れに恵まれました。神様ありがとうございます!!
でも私なりに”プランナー天気占い”みたいな根拠のない経験則に基づくものがあって、この日とこの日は晴れる確率が高いという日があるんですけど、見事今年も大当たりでした(ニンマリ!) やったー☆

今回の会場コーディネートは全てお任せいただいて、テーブル装花やブーケ、ペーパー類一式を制作。1つ前の誓いの言葉もこの日のために準備したものです。シックな色合いがお好みということで、会場備え付けのネイビークロスに合うように、色味をコーディネートしてさりげなく華やかになるようゴールドもオン。お二人にも喜んでいただけて嬉しかったです*

会場セッティング中は、1時間余分に時間を取ってお二人ロケーション撮影へ。展望台からの風景ショットや、海をバックにした浜辺でのショットetc… 天気がいいから全て絵になりますね♪

撮影をスムーズに終えたら、宿のフロントロビーにてご親族様と集合写真をパチリ!ちょうどチェックイン後の静かな時間だったので落ち着いて撮影することができました◎

披露宴では、東京の挙式には参列されないご親族様の為にも、乾杯前に簡単な宴内人前式を執りおこないました。二人が精一杯の声で夫婦宣言をし、祖父母様にも記念の署名をいただき、指輪の交換は新郎Kさんの可愛い姪っ子ちゃんにリングガールとして活躍いただきました。
お食事中は、少人数だからこそご親族紹介をゆっくりと。司会者さんにもインタビュー形式で協力いただいて、両親はじめ、ご兄弟、ご親戚のみなさまと、ゆっくり親睦を深めることができた様子でした。何よりも、披露宴後お二人から普段見せないおじいちゃんの元気さに驚いたと話してくださったことが本当に嬉しくて、嬉しくてたまらなかったです!!これも銀波荘さん、司会・音響・ヘアメイク・カメラマンさん、チームで一丸となってサポートくださった皆様のおかげですね。

今回サポートさせていただいたお二人とは、西浦温泉の銀波荘さんよりご縁を繋いでくださり出会うことができました。披露宴本番の思い出はもちろん大切なんですけど、二人の人柄にいつも絆されながら笑いいっぱいの打ち合わせができたことがとても懐かしく大切な時間です。感謝しています。

東京からの新郎Kさんのご家族様はそのまま銀波荘へ宿泊し、翌日は両家家族で観光へ出かけたそうです。旅する温泉ウェディングは大成功!!

2月、東京での結婚式も素敵なお式にしてください!
Happy Wedding K &K♡2017.11.4

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

 

 

 

もくもく。

雨がしとしと。
アトリエにこもって今朝は来週末に控えているお二人の誓いの言葉をもくもく制作中〜。原稿を受け取って、イラレでいそいそとデザイン。プリントアウトしたらちょこっとだけデコレーションしてみました。本番では、誓いの言葉&署名書の役割になります◎
誓いの言葉は、ふたりが考えたからこそ意味があり夫婦の原点となる大切な言葉です。読ませていただいて家族を思う気持ちが改めて伝わってきました。
残るは席次表と席札の印刷。これはまだ原稿が揃わないの明日にでも印刷する予定。何か作業する時間ってつい熱中しちゃいます(笑)

台風が近づいていつつも、まだそこまで天気は荒れていない日曜日。でもこれから夕方にかけて近づいてくる予報とのことで、外出時は気を付けないとですね!!
私もこの夕方、11月末の結婚式のご両親と会場で打ち合せで出かける予定なのですが少し心配。大事にならないことを祈って、では行ってきまーす。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

 

伝統ある教会で。

昨日から快晴が続いていますねー!
こんなに気持ちい天気は何日ぶりでしょうか。雨続きの東海地方にもようやく秋晴れにふさわしい天候が続いていて嬉しいです!
今朝は洗濯機を回してシーツを洗ってパシッと干してきました(笑)

さてさて、昨日訪れたのが多治見修道院です。
皆さんは多治見にこんなに素敵な教会があるのをご存知でしょうか?
私がこの東海エリアで一番好きな教会で、久しぶりに行ってきました!名古屋からは下道で1時間くらいでしょうか。私はいつも庄内川から瀬戸、定光寺を抜けて行く道がお気に入り。昨日は川も穏やか、日差しも柔らかく気持ちのいいしょートトリップとなりました♪

建物の目の前には芝生と大きな桜の木が2本。春はこの桜が満開になると淡いピンクと教会の雰囲気、青空とのコントラストが本当に綺麗なんです。

雰囲気あるこの修道院、歴史は古く昭和の初期から建造された由緒あるカトリック系教会です。二人を祝福するプロでスタントとは異なり、神に夫婦の誓いを立てます。宣教師の呼び方も、プロテスタントでは牧師先生なのに対して、神父様とお呼びします。ちなみに、日本の結婚式場ではほぼ前者のプロテスタントですが、カトリックの部分も入り交じっていたりと趣旨がごちゃごちゃなチャペルもかなり多いです(汗)
色々と厳格なイメージが強いカトリック。でも理解する気持ち、尊重という気持ちを大切にしていただければ近寄りがたいというものでは全くありません。
そしてカトリックの挙式では、本来、信者のみ許されるのですが日本では信者ではなくとも式を挙げることが許されています。ただし、必ず結婚講座を受けて心身の準備を整えて挙式に臨む必要があります。(講座内容や回数は教会により異なります。)

ここで挙げるお二人も、新郎様の地元が中津川で小さな頃お父様に連れられて遊びに来ていた場所なのだそうです。今は名古屋でお勤めですが、いずれは地元に戻る予定のお二人。過去と未来をつなぐ場所としても、所縁のある場で結婚式を挙げることを選ぶというのはとても素敵なことだと思います。合理的な式場での挙式と披露宴がセットになった仕組みも便利でいいものですし、所縁を大切にした結婚式もやっぱり大切にしていきたいなと思いました。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

 

ゼクシイ10月発売号に掲載いただきました。

6月からずーっと誰にも言えず、むずむずしていたゼクシイ掲載のお話(笑)
先日23日10月発売号(12月号)に無事、国際結婚のお二人のレポートとして、「Wonderful wedding 東海」に掲載されました〜!!ついに〜!
わ〜い☆

題して”旅する温泉ウェディング”。
日本人の新郎Yutaさんと、アメリカ人の新婦Sarahさんのウェディングデイ。若宮八幡神社で挙式を挙げ、そのまま蒲郡へ移動して温泉旅館でのパーティーでした。み7月下旬ということもあり、季節は夏真っ只中。台風や雨にも見舞われることなく、晴れやかな結婚式になりました。

 

ゲストのドレスコードはこの日は浴衣。新婦Sarahさんの浴衣はなんと、アメリカにいるお母さんの手作り浴衣でした!妊婦のSarahさんでも着付けれるよう、なんとセパレート式で工夫されていて日本人も顔負けですw
みんなでスイカ割りをしたり、お面を被ってゲームしたり、旅館の美味しい食事をみんなで愉しみながら、フィナーレは海辺での花火タイム!ふたりと、友人の皆さんで協力して打ち上げた花火、海の潮風も合わさって季節感あふれる賑やかな結婚式となりましたよ。
あっという間の1日。YutaさんSarahさん、本当におめでとうございます☆

ゼクシイ掲載ページは92Pです。
もし機会があれば是非ご覧になってくださいね!

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

みんなで創る!

天気が悪かったり、台風がきたりするとこの日を思い出します。
1年前の半田市にある元カブトビール製造工場跡となっている赤レンガ建物での結婚式。
台風が迫ってきている天候の最中、開式直前まで雨が降っていました。

「外で挙式をする!」と決めたのが確か開式1時間も無いくらいだった気がします。それまでどうしても諦めきれなくて、シェフの方、音響スタッフ、お花屋さん、すべての方に無理を言ってギリギリまで待ってもらっていました。私のわがままというか、ふたりの希望を叶えたい!!ただただそれだけだった気がします。建物と屋外の敷地も広くて、部屋と部屋を移動するにも時間がかかりスタッフ同士の情報共有にとても苦労しました。式前に野外でウェルカムドリンクを出したりして過ごす計画はかなえれなかったけど、15分前になんとか雨が止み、急いで白いバージンロードを敷いて(この布がなかなかの重さでこたえました〜)実現したガーデンウェディングでした。バージンロードから覗き込むゲストの姿にどれだけふたりの結婚を待ちわびていた人が多かったか、感じ取ることができます。

式後は普段カフェスペースとしている場所を披露宴会場に。実は60名〜70名ほどがちょうどいいと言われていたスペースに120名ものゲストを招待したワイルドなウェディングだったんです。椅子も当然足りません。レイアウトもシミレーションして入る!という道筋が見えたところで必要な備品を館内から集めたりして総動員でした(笑)今思い返しても奇跡としか言い表しようの無い1日で私自身も新たな経験を積んだ結婚式でした。これは、ふたりはもちろん、ゲストと創った結婚式だったことが成功した大きな秘訣だったと思います。
「みんなで創る!」
できそうでできないこと。
スタッフもゲストも、みんながこの環境を受け入れてふたりを祝福するエネルギーで溢れていました。ふたりのお友達・家族だからこその結婚式の空気感だったと思います。どんなに自分たちのオリジナル・オリジナルと言って形ばかり準備してきても、ふたりよがりは何も意味を成しません。この空気感、ライブさが交わることで、ふたりの結婚式の本番全てを決める気がします。

乾杯のカブトビール、みんな美味しそうだったな。
この笑顔を見るだけであの時の感情がじわっと溢れてくるから不思議です。

今日は秋雨の季節に思いを馳せた思い出日記でした。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

フリーランスのプランナーってどんなことをしてくれるの?

こんにちは!
人気が上がってきているフリーランスウェディングプランナーのこと。
でもそれはまだまだ業界内だけの話。

きっと、これから結婚式を挙げるお二人にとっては
「フリーランスのプランナーって?」
はてなだらけだろうなぁと思い、“Q & A”のページを加えてみました♪

式場に所属する専属プランナーとも協働しながらウェディングをサポートしたり、具体的な打合せが始まったお二人へセカンドオピニオンとしてバックアップや式場ではない会場でゼロからのプロデュースももちろん大丈夫!!
結婚式は十人十色。1つ1つ違うからこそ”ふたりらしい結婚式”を寄り添いながらサポートしたいなと思います。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

リラックス。

3連休の翌日はちょうど火曜でお休みをいただいていました。
現場と打合せラッシュを無事乗り越えての休日。ドライブしながら三河湖の湖畔で椅子とテーブルをセッティングしてコーヒーを飲みながらのんびり過ごしました。外に出ると桜の木があって、ふんわり桜の香りが。車のエンジン音も、街中のざわざわもなく、そよそよとそそぐ風と湖のきらめきがとてもリラックスできました。秋のシーズン中のつかの間の充電タイム。何も考えない。たまにはそんな時間も大切ですね。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

 

ホテルスピリッツ。

昨日は珍しくホテルをはしごしての打合せへ、名古屋城のお堀隣り”ウェスティンナゴヤキャッスル“さんと伏見の老舗”名古屋観光ホテル“さんへ出かけていました。こうして2軒続けて行くとそれぞれの建物の雰囲気はもちろん歴史、ホテルマンのサービスの個性もクリアに違いを感じれて勉強になります。

ウェスティンさんでは秋のお二人の試食会の後に打合せを進める予定が少し早く着いてしまい、ご厚意でデザートをいただいてしまいました!!思ってもいないデザートのおすそ分けにとーっても幸せでした。ご馳走さまでした。
そしてこのデザート、少し秘密があり、ブランデーをかけ炎でアルコール分を気発させる”ベイクドロシア”というお料理演出で、私もお肉ではよくフランベショーというように経験したことがあったのですがデザートでは初めての炎演出。間近で体験すると迫力満点でした!
せっかくムービーも撮ったのでアップします♪
本番では人数も多いため2台ほどでシェフが演出をして、暗闇の中、熱々のブランデーをメレンゲとアイスが入っているデザート(写真左下)へと炎ごと掛けます!トレーも熱々で大変そうですが、ここはホテルスピリッツ!我慢です〜。(担当の林さんの饒舌トークで場が盛り上がります)
デザートはもちろんペロリと美味しくいただいてしまいました。

観光ホテルさんではすっかり秋のデコレーションでエントランスはハロウィーン気分になっていました。ここではお花、音響、引出物などなど結婚式に関係するアイテムの打合せをドドっと進めていきます。ここでは予め作成して共有していたコンセプトシートを元に話を進めて行くのですが、お二人にとってはイメージを語ることを都度必要とされるので、慣れていないといざ言葉にして伝えるというのは案外難しいことかもしれません。いつもならかみ砕かないフレーズも1つ1つ言葉を拾ってかみ砕く事でゴールに近づいて行きますのでここは諦めず双方のコミュニケーションが大切です。

明日は、蒲郡の温泉宿にて打合せ。ご両親もいらっしゃるので安心して当日を迎えていただけるよう資料を準備して臨みます。
この3連休もあっという間ですね。
これからのシーズン、実りの秋が楽しみです♪

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年9月までのサポートの受付をスタートしました!

ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

ご両親ケアしてますか?

すっかり10月に入り、今朝はずっと冷え込んで昨日は中秋の名月がとても綺麗に見えました。実りの秋ですね。この秋も結婚式場をはじめ、レストラン、アウトドア、公園、テーマパークなどの様々な場所で結婚式を迎えるお二人もたくさんいらっしゃると思います。ふと立ち止まって周りの様子をみてみると、ここ数年感じるのが結婚式準備を進めていくとき、過去ご両親の介入が普通だった時代からお二人主導で進める時代へと移り変わっているということです。

きっと今のご両親世代のもっと昔、新郎新婦のお祖父様・お祖母様世代の抑圧の中での教育・社会的価値観から自由を求める声へと移り変わり、現在では経済情勢に加えて多様化が当たり前になりつつあるのが理由の一つでもあるように思います。そうした時代に移り、過去体験した経験を子供にはさせないようにとあまり二人に干渉しないご両親が増えているそうです。私もお二人へご両親様の意見は?と尋ねると「好きなようにやっていいと言われています」という答えを聞くことが多いのですが、当日お会いすると「何も聞いていなくて・・・」という声を実際に聞くことも。私は心の中で思わず(え!聞いていない!?)と叫びつつも慌てて1日のスケジュールと概要を伝える場合もあります。意外に二人は普段仕事していたりで忙しく伝える時間を取るのが難しい場面が多いのだと思います。でも、結婚式はふたりだけで完結するものではありません。親御様の元に産まれて育ち、たくさんの人との出会い、成長があって価値観の違う二人が出会い、結婚式を迎えます。私の個人的な気持ちとしては新しい戸籍を作るということは、サラリーマンで言えば新しい会社を作るために創業・独立するのと同じくらい大きな責任を持って迎える節目です。フォーマルな式でもカジュアルな式だとしてもそれは変わりません。そして親御様は二人と同じくらい結婚式を楽しみにされていて、楽しみな気持ちと同じくらい心の中では心配されているはずなんです。式場で挙げる場合はまだ親御様もなんとなく流れが想像できますが、例えば公園などの式場の設備がない場合はどうでしょうか?過去、そのような場所で結婚式が当たり前ではない時代を過ごしてきた親御様にとって不安は倍増です。ここ最近、私もふたりだけへの打ち合わせではいけないと反省し、事前に必ずお話をさせていただく機会を設けるようにしました。お二人からプロデュースの申込をいただいた後と、挙式1ヶ月前の最終概要が決まるタイミングの2回です。式場勤務時代には考えもしなかった親御様向けの打ち合わせ。でもお話をしてみると、親御様なりに気にしていることって実は多いんだということです。お二人は結婚式プロデュースのプロではないため、そうした当日の動きや婚礼文化の知識・習わしなどお伝えできることは本当にたくさんあり、しっかり伝えてお話に耳を傾けることで安心いただけるということを実感しています。家族同士だと時に感情的になってしまう時もありますが、代わりに私がなぜこの場所を選んだのか、なぜこのようなプログラムなのか、引出物、料理なのかをお伝えすることでご理解いただけることもあると思います。

当日ホスト側となるのはふたりだけではなく家族にもその役割があります。事前にシェアをすることできっと良き理解者となってゲストのおもてなしをサポートしてくれるはずです。そうしたこともケアしながら、素敵な結婚式を迎えてくださいね。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年9月までのサポートの受付をスタートしました!

ハワイ・直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー