美味しいものを食べようの会。

週末は、少し足を伸ばして半田へ新郎新婦のお二人とご両家のお母様交えて結婚式の打ち合わせをしてきました!天気も良くて道中ドライブ日和でした*(やっぱり運転大好き笑)
打ち合わせ前は少し緊張しつつも、終始新婦Kさんのお母さんが色々と話してくださって、明るく和やかな雰囲気で無事説明し終えることができホッとして帰路に。

途中少しだけ私とお母さんの二人だけになったタイミングがあったのですが、その際に聞いた「美味しいものを食べようの会にしたい!」という言葉。それは当初会場を決める際にもお二人の口から聞いていた言葉と共通するテーマで、改めて1日のイメージが明確になった瞬間でした!!

結婚式はご両家のつながりを感じる1日でもあります。
主にお二人と私の3人で話をしながら準備を進めていくことがほとんどですが、要所ではご両家親御さまの意見を確認することもとても大切なことだと最近感じています。
古いしきたりや親族間の慣習が重んじられる結婚式から、現在では家族構成も様々。親と子供の距離も縦から横の関係になって姉妹のような関係だったり、かといって親御さまとも離れて暮らしていてあまり頻繁に会話はしていないけど実はご両親は気にかけているなどなど。
価値観も色々で結婚式のスタイルも本当にたくさんです。これはフリーランスになってリアルに感じる変化の1つかもしれません。様変わりする結婚式のスタイル。時には親御さまも分からない状況になることもあると思うと、一緒になってサポートしてあげなくては!という気持ちに自然となりますね。その部分のサポートも柔軟にできるのはフリーランスの強み!と思って仕事に枠をもうけずにお二人に寄り添っていけたらと思っています。

新郎Kさん新婦Kさん、次回のお打ち合わせもどうぞよろしくお願いします!

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

お料理にこだわりたいなら。

結婚式の会場を決める時にきっとたくさんの新郎新婦のお二人がおもてなしの大切な1つの方法として”お料理”にこだわる方も多いと思います。様々なアンケートや過去の列席経験から、「お料理が一番印象に残っているし、結婚式に参列する際の楽しみ!」という声も多数出ています。

ゲストに感謝の気持ちを伝える方法の1つが、美味しい料理であることはもちろん、今日は料理を決める際のちょっとしたアドバイスをお伝えしたいと思います。
◎写真のお料理はレストランシェコーベさん。ここ数年シェフの味がさらにブラッシュアップされて、普段からのレストランのリピーターさんからも大好評!私もオススメの会場です♪

まずは、
「試食を必ずする!」ということ。
これはもう当たり前になっている準備の1つですよね。
最近では新郎新婦のお二人のみで食べて決定するケースが少なくありません。ただ、個人的にはご両家の親御様にも是非参加して欲しい打ち合わせの1つです。理由は、結婚式にはお二人世代ばかりが参加するとは限らず、家族はじめ親戚の方々や来賓の方など世代が1つ2つ上という方、または二人よりも下というように老若男女さまざま。世代によって時代背景も異なり味覚も多岐に渡ることから、偏りのない意見を反映できるようご家族様にも参加していただくと全体的なお料理の満足度もグッと上がるはずです◎

その他にはこんなことも気にしていくともっと理想に近い料理に出会えると思います。

・会場の料理以外に様々なレストランへ出向き互いに味の探求をする!
通常式場などでは試食会をするのは式の2ヶ月前です。会場決定後、しばらくしてから試食会という段取りですが普段から本格的なフルコースを食べる機会というのはなかなか少ないもの。そのようなコースに馴染んでいる(羨ましいっ)という方は別ですが、自分自身の味覚を研ぎ澄ますという意味で、会場が決まったら月に1度・2ヶ月に1度などのペースを二人で決めて自分の舌に合う味付けを探していくといざ料理を決める際にこんなものかなで済まずにシェフとの打ち合わせも具体的な話をしながら進めることができます。

・一品一品のバランスが大切!どのお皿も好きなもので集め過ぎないこと。
コース料理は前菜からデザートを通してバランスを考えて構成することが大切です。特にプリフィックスなど、二人が好みの料理を組み合わせるシステムの場合、偏りやすい傾向になるのでその部分も気にしながらお料理合わせをしていきましょう。

・仲良くなった者勝ち!シェフやサービスの方とも積極的にコミュニケーション。
シェフと話すと少し緊張しそうでうまく伝えれるかな…と感じるお二人も多いと思います。確かに、普段接する機会もそう多くはない存在のため、いざ「何でも要望を伝えてください」と言っていただいても「どうやって伝えたらいいか分からない。味のリクエストをすることで失礼にあたらないかどうか…」など気になる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、料理の分野ではプロフェッショナルな存在。でも”その人を知りたい気持ち”や”お料理に対してどんな思いを持って作っているのか?”など、人柄を知るというイメージで接すればまた、違った角度からお料理の話も盛り上がり、二人がイメージするものに近づけると感じています。また、当日列席の方に接する機会の多いサービスマンとも積極的に会話をすることで多くの顧客を抱えている中でも二人のことが印象に残り、当日もすぐ思い出してくださることもあり、何かとメリットもあります。

二人の代わりとなって感謝を伝えるスタッフの皆さん1人1人のサポートがあってこそ、当日全体のおもてなしにつながります。この席のグループはとても明るく同窓会のイメージ・別席はしっかりとしたサービスをして欲しいなどのゲスト層に合わせたリクエストも◎です。

是非そのようなことも参考にしてくださいね!

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

年初めのお打ち合わせ♪

昨日は気持ち新たに、新郎新婦のお二人と結婚式準備に向けて初回の打ち合わせでした。初回は、まずはコンセプト設計をすべくお二人の生い立ちや出会いを聞くところから始めるのですが、もう時間がいつも足りません!! 昨日もふと時計を見ると二人のそれぞれの生い立ちを聞き終えるところですでに2時間経過(汗) 出会いやこれからの結婚観について聞き終えると、もう日はどっぷり暮れて3時間半が過ぎようとしていました。それでも足りなくて、打ち合わせの後にヒアリングした内容をまとめているとあれもこんなところも聞きたかったな〜ということも。
そしてプロフィールをまとめた後は、何か結婚式に紐付けれないか連想ゲームが始まります。私は運転している時間を使って考えを巡らすことが多くて、それを元にコーディネートデザインへ反映させていくのですが、まさにひらめく瞬間が”アハ!体験”になってます(笑)
来週末は、ご両家の親御様交えた打ち合わせです。
今回は親御様にとっても初めての息子さん愛娘さんの結婚式となり、楽しみな反面、わからない部分も多いはず。また時代とともに変わっている風習もあるのでこうしたギャップが無いよう説明させていただくのですが、私もご家族様に会う時間はとても楽しみな時間の一つになっています。安心していただけるよう、来週もしっかりサポート頑張ります。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
自由におしゃれな結婚式を。
名古屋・東京・愛知・岐阜・三重直島・温泉ウェディングetc…
どんな場所でもプロデュースいたします
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

あけましておめでとうございます♪

今年も無事、仕事初めの日を迎えることができました。この3連休までお正月休みという方も多いと思います。私は今年のお正月はお節を作ったり、家族とお鍋をしてほっこりしたりと自宅でゆっくり過ごしていました。皆さんは素敵なお正月休みとなりましたか?

新年初めての写真は、毎年日の出を見にいている岐阜からのお写真です。
昨年よりも、今年はもっときれいに日の出を拝むことができたのと、那古野神社でのおみくじが”大吉”だったりと嬉しいことが元旦に続いて嬉しさ倍増でした。

今年もウェディングを通じてたくさんの笑顔を作っていきたいと思います。
大切なハレの日をお手伝いさせていただくことが私の仕事の軸です。今年はそのハレだけでなく、日常を意味する褻(ケ)の部分も新郎新婦のおふたりと共有していけたらと思います。
今年のテーマは”動”。
自分からアクション!の気持ちで。

2018年も改めてどうぞよろしくお願いします☆

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
自由におしゃれな結婚式を。
名古屋・東京・愛知・岐阜・三重直島・温泉ウェディングetc…
どんな場所でもプロデュースいたします
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

めぐりあわせ。

来年のお客様と会場見学で久しぶりのシェコーベ訪問してみると、ちょうど1年前にサポートさせていただいたお二人が産まれた赤ちゃんと一緒にランチに来ているところでした!
シェコーベで7年勤め上げたスタッフのAsukaちゃん。こんな偶然ってあるのですね。
驚きのめぐり合わせに本当に感謝です。

そして、その二人と一緒にお食事をしていたのはAsukaちゃんが7年前にサポートした新郎新婦さまなのだとか。縁がめぐり巡って繋がっていることを感じることができて嬉しい瞬間となりました。ウェディングという節目の記念日を機に、また戻って来れる場所があるというのはレストランならではの喜び。

記念にみんなで2017年バージョンをパシャり!!
笑顔がこれからも続きますように…

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年12月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

紅葉ウェディング。

こんにちは!気づけばもう年越しまであと10日ほど。
年賀状、作らねば。。じわじわ焦りが(笑)

さてさて、秋のウェディングのレポートもだいぶ遅くなってしまいましたがブログに先行してご紹介したいと思います。

11月に、ヘアメイクJyunkoさんよりサポートのご縁をいただいたご夫婦の結婚式。日本の伝統衣裳である和装に身を包み、久屋公園で多くの仲間・家族に見守られて執り行った和の人前挙式です。途中、一週間前には雨予報も出て変更プランも練りましたが、天気の神様がこの時も!?味方してくれて前日夜には雨が止みめでたく外で挙げることができましたっ♪
いつもは雨天の場合、同じ場所で屋根がある室内に変更するだけという流れが多いのですが、今回は場所ごと一駅分変更する必要があったのでちょっと焦りました。でも本当に外でできてよかった!

朝の準備風景。
前日の雨の影響で、路面が濡れていてバージンロードの絨毯を養生しながら敷くのにとても苦労しました。装飾・設営ではふたりのお勤め先であるサークルずの皆さん、みちくさの幸太郎さんはじめ仲間の皆さん本当にありがとうございます。

お二人とご親族さまは栄の披露宴会場から、花嫁行列で向かいました。道中、花嫁菓子を道ゆく通りすがりの方々へおすそ分けしながら和やかなムード。

挙式の入場では、新郎もお母さんと一緒に入場していただきました。

和装での人前式は私も経験数は少ないですが、個人的に好きな挙式スタイルの1つです。ゲストの前で夫婦として新たな気持ちをゲストに宣誓し、その気持ちに応えるようにゲストからの祝福の拍手と「おめでとう」の言葉は、ふたりにとって記念日でもあり「けじめ」と「節目」の時でもあります。この日、お式の入場で見たふたりのことを知る仲間の涙がとても印象的で、挙式がふたりだけではなくゲストへ与える影響もとても大きいということを改めて感じました。
100名を超えるゲストの拍手が公園中に鳴り響き、風とともにリーフシャワーが降り注いだ温かな結婚式となりました。

結婚式の大事な部分、挙式(夫婦の誓い)の場面をどのように伝えるか。
オリジナル=拘りということでは捉えずに、ふたりの思い・気持ちを素直に形にすること。その形にする役割が私たちプランナー、ディレクターの勤めでもあります。そんなことを自分自身の中で改めて気付かせてくれたお式となりました。
新たなふたりの人生のスタートの日。
私も一緒にその時間を共有できたことが何より嬉しいです。
ぎしさん・きぬさん、これからも手を取り合いながらふたりらしい家庭を築いていってくださいね!!

P.S.披露宴後、アパートメントストアでの2次会も一緒に参加させていただきました。
幹事の柳瀬ご夫妻始め、サークルズの皆さま運営お疲れ様でした♪

 


Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年12月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

同窓会なX’mas Party。

夏に3ヶ月に1度、学びに行っていたウェディングの授業WPAのクリスマス会に参加してきました。この日は創立時の1期生から私の代の4期生、先生方も参加していただいてのパーティーでした。来年の冬で丸2年を迎えるWPAはウェディングのプロフェッショナルを育てる寺子屋的な学び舎です。
3ヶ月ぶりにその扉を開けると懐かしいメンバーにほっと心が和みます。

料理の準備からデコレーションまで1期生の皆様ありがとうございます。シンボリックなツリーを中心に、キャンドルやグリーンとお料理が飾られていてテンションが上がります♪授業を受けていた教室じゃないみたい(笑)

山あり谷あり。
皆んなの話を聞きながら、落ち込んだりする時もあれば嬉しい時もあるのは皆な同じなんだなということが分かって少し勇気が出ました。
フリーランスプランナーというのは新郎新婦のふたりの要望を実現するミッションを持ち、その進め方はプランナー個人に委ねられていることが多く、自由な反面、孤独でもあります。この夏、勇気を振り絞って学び舎に入り、新しい仲間、先輩方々との出会いが自分で言うのも手前味噌ですけど、一回り大きくまた成長できた気がしています。

「縦と横のつながりを大切にしていこう。」
「自分が携わってきたことを簡単に諦めないで」
そのエールに応えれるよう2018年も自分らしく歩んでいけたらと思います!!

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年12月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

東京探訪。

東京へ久しぶりにtrip。
建築やアート、食の今を銀座の街を散歩しながら見て食べて学んできました。
日比谷公園からあえて電車には乗らず有楽町を通り銀座へ。途中ふとショーウィンドウにスタイリッシュなドレスが目に入りのぞいてみるとVERA WANGのドレスショップでした。お恥ずかしながら路面店があるとは知りませんでした(笑) 歩くと普段目に入らないもの気付けないような発見ができて面白いです。

そして目的の展覧会、ケの美展へ。
私たちの生活の中には成人式や結婚式など人生の節目に訪れる非日常の「ハレの日」があれば、毎日繰り返される「ケ」日常があります。ハレの方が注目を集めがちですが、「ケ」の充実の上に特別でありがたいものとして「ハレ」があるということ。
結婚式の「ハレ」という日において私自身も二人に向き合う気持ち、姿勢をまた違う角度で見つめることができた時間でした。

そしてその後一服ということで銀座で行きたかったお店が、HIGASHIYAMA GINZA。
和×モダンな空間をちょこっと社会見学したくて訪れるも満席っ!!平日の夕方を狙ってきたものの残念。。でもエントランス部分でも十分勉強になりましたよ!お財布奮発系のレストランですが気持ち改めて再訪したいです。ちなみに、気を取り直して訪れた場所は、パンケーキで有名なBill’s。銀座の一等地に1年前にオープンしていた模様。アーバンな空間でパンケーキをほおばってきました。胃袋充実で美味しく完食。

そしてもう一つ行ってきた展覧会。
東京ドームシティーで開催されている故 天野尚さんのアクアリム展です。

フォトグラファーであり、もうハイレベルなネイチャークリエイターという感じでしょうか。自然の水態系を再現する水槽水景。生きたアート作品に触れてきました。また超巨大フィルムで撮影した8Mに及ぶ撮影作品も展示されていて自分の中の感性の涙腺に触れるような神秘的な展覧会でした。1月の下旬まで会期延長で開催されていますので機会があればぜひ。

ふとした気づきや、感じるものに素直に感じ取れるインプットの時間。
慌ただしく過ごす日々から少しだけ休憩して今回のショートトリップ。とても有意義な散歩となりました。またさらにいいアウトプットができるよう頑張りたいと思います*

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年12月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

席次表アイディア

秋のウェディングがひと段落。ほっと温かい紅茶に手を添えて過ごせる日が少し増えてきました。名古屋もだいぶ冷えてきて本格的な冬の到来です。皆様も風邪など引かれていませんでしょうか。

今日は意外にコーディネートとして使える席次表の使い方について。
というのも、先週のお客様との打ち合わせ前に色々とアイディアを練っていた時、ふと席次表=受付で配られるアイテムではなくて、ナフキンと一緒に飾ってゲストが着席のタイミングから見ていただくのでもいいんじゃないかなって思ったんです。

snsで見つける画像には、よくナフキンとメニューが添えられていることもよく見かけますが、現実にはコスト面であったり席次表の中に一緒に印刷されているというタイプもあって、実際テーブル上にあるペーパーアイテムを見てみると席札のみということも多々あります。

でもこの写真のように席次表を加えるだけで雰囲気がとても華やかに変わります。

受付で配るメリットは
・待ち時間に見て過ごせること
・お式と披露宴の前にどんな方が列席されているのかが分かる
という点があります。

その点が必ずしもマストではない場合は、写真のようにゲストのお席にコーディネートアイテムの一つとして加えても◎。その場合、どの席か会場に入った時分からないのでは?という質問も聞こえてきそうですが、式場の場合ほとんどは当日大勢のスタッフがゲストを受け入れする際に席次表のコピーを持っていて、名前を伝えればそのテーブルまで辿り着けと思います。ただし、大人数などまとまった人数の際はやはりその探す時間がロスタイムになってしまう可能性もあるので、エスコートカードを使うととてもスマートです。
全体を通してどんな方がみえるのか、年齢層なども考慮しながら形にしていくことも忘れずに素敵なコーディネートを完成していってくださいね。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年12月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー

ふたりのストーリーに耳を傾けること。

11月の最終週末は徳島の樫野倶楽部という歴史ある会場で初めてお会いするお二人と、初回のお打合せをさせていただいていました。結婚式は来年の初夏のシーズン。お会いする前、なんだか緊張してそわそわな私。でもきっと、私以上に緊張とワクワク・ちょっぴり不安も抱えて初回の打合せに臨まれるのはお二人なのではないかと思うと、しっかりバックアップしなくては!!という気持ちにスイッチが自ずと切り替わります。
そして、気取らず、自然体ではにかむ笑顔がとても素敵なお二人にお会いしての初回お打合せスタートです。結婚式場に勤めていた頃は、まず招待状を決める(色々と決める作業に入るのみ)ところから早速始めていましたが、独立して活動し始めた頃から、まずはお二人の想いに耳を傾けることを大切にするようになりました。これを一番最初に設けることで、二人がどんな価値観を持ち、何に興味を抱き、どのような家族に囲まれて今まで成長されたのかを知る機会になります。結果、その一つ一つの点がヒントとなって次第に線へと繋がり、コンセプトやテーマの源流になるからです。生まれた頃から今に至まで、ただただ興味を持って時にはしつこく深掘りヒアリングをします。お二人それぞれの話を聞くだけであっという間の3時間です。

その後も、ストーリーをまとめていき、何度も何度もヒントからテーマへと繋がるアイディアが浮かばないか連想ゲームのように頭の中で繰り返し妄想します(笑)その答えがひらめいた時のスッキリ感というのはなんとも言えない嬉しさで、コンセプトとテーマを設計する場合にはそれを軸に関連したアイディアをどんどん探していき結婚式のどこでそれが使えるかを探っていくイメージです。

その後、再度お会いした時にプレゼンとしてお二人にテーマとなる資料を提案し、やっと招待状の色やイメージ/デザインの決定へと入ります。コツコツ、一つ一つ丁寧に。どれもすぐ答えが出るものばかりではないのが結婚式です。いつも原点に立ち返り、何もフィルターをかけずに二人の想いに耳を傾け、ストーリーを紡ぎ出すことこそが一番の醍醐味でもあるのかなと最近感じています。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年12月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー