鎌倉ウェディング

前々から行きたかった鎌倉 長谷にある萬屋本店さん。和の結婚式に興味があって、日本家屋をリノベーションした場所はどんなところだろうと一度は訪れたかった場所にようやく来ることができました。

長谷駅から徒歩5分弱。歩いているとふっと時代を感じさせる大きな暖簾がかかった玄関が現れます。比較的交通量の多い路面に面していてしかも歩道もなかなかの狭さ。暖簾を潜り、戸を開けいざ中へ。

そこは土間のような吹き抜けの空間にレセプションがあり、2階へ続く木製の階段と火鉢がおかれた小上がスペースが広がっていました。昔使われていた看板や樽、重機などが一部そのままディスプレイとして活かされていたり、歴史と今が紡がれているような空間です。元々、江戸時代から続く商いの店だった萬屋さん。名前の通り何でも売っていた今で言うコンビニのようなお店だから酒蔵を営むようになりました。現在のこの建物のベースは関東大震災より建て替えられたもので今年で築93年になるとのこと。個人的には和にも洋にも合わせて設えれるこの雰囲気がとっても好きです。

そして、この階段から2階へ上がるのかな?と想像膨らませていると、意外にもすぐ横からスタッフの勝手口と勘違いしそうな引戸がガラガラと開かれ、中へ通されます。食事はフレンチだけど、和の要素も融合されて今の時代にフィットさせた味付けや構成だったと思います。きっとご年配のお祖父様お祖母様にも食べやすいと思います。披露宴会場は名古屋で言うとうなぎの寝床式?に奥行きがあり、そこまで開放感があるわけではありませんが、モダンで、でもボルドーカラーのクロスが張られた椅子やランプが温かみを感じさせます。

結婚式当日は、別室の控室で親御様への挨拶をお二人がそれぞれする時間を設けているとのこと。今の結婚式場ではそのようなことをほとんどしているのを聞いたことがなく、萬屋さんの計らい素晴らしいです。私自身も、できる限りその機会を作るようセッティングするのですが、会場によって動線や場所の問題でなかなかうまく実現できないこともあり、改めてできるようにセッティングしたいと感じたのと、結婚式という1日の中でのその瞬間の尊さを再認識。

挙式会場も、何と明治村にある教会をモデルにして作られたという元々酒蔵だった場所をリノベーションした空間。バージンロードはそのお酒を運び出すためのトロッコレールが走っていた上にタイルを敷き、萬屋から門出の道になるようにという思いが込められています。またこの会場の名前が「結(ゆい)の日」と何とも素敵なネーミング。

結婚式の1日を、点ではなく線として、新郎新婦の人生が豊かであるよう、携わられている姿に刺激を受けた鎌倉ウェディング。そして鎌倉に来たのも、4年ぶり。同じく鎌倉で結婚式をプロデュースさせていただいたお二人のことをふと思い出した懐かしい旅でした。

ウェディングに携わるということ

式場のウェディングプランナーさんへの勉強会を定期的に開催するようになってから早いもので数ヶ月。

改めて「結婚式とは・・・」「結婚式のプランナーとは何のためにいるのか」「結婚式の価値や可能性」

伝えるということは、当たり前の様にやってきた事の意味も自身に問う、こうしてプランナーさんに想いを伝えることで自分自身貴重な機会をいただいていると思います。

お二人に向かう姿勢や、現場のクルーに求められ、それを超える形で応える姿勢や活動一つ一つが本当に日々勉強と反省です。

 

やっぱり結婚式の力や可能性は間違いない。

そう感じるからこそ、もっと創りて側の一喜一憂で変わるんですよね。今「変わらなきゃいけない。成長しないといけない。」ということも、「結婚式とは・・」「プロとしてすべき事、チームとしての可能性」「プランナーとしての立ち位置・何をすべき存在なのか」の所から、私たちの思考を自由にかえる事が小手先の事をするより大きく変わる気がします。

プランナー1人では到底結婚式は実現できません。他のヘアメイクさんや司会者、音響などのパートナーの皆様に関してもチームとして1つの結婚式を創り上げるその思いが波及していけばいいなと・・・

誰よりも二人のことを理解しているのがウェディングプランナーです。二人の代弁者として、何名ものクルーを束ね、信頼の元につくられていく結婚式をもっともっとお手伝いできるはず。これからも結婚式の可能性をもっともっと探っていかないとですね。

ケータリングサンプルチェック

久しぶりに高松の会場KITAHAMA Wへ。チャペルが春にオープンして以来の訪問。スッタフも増えて、徐々に北浜全体として盛り上がってきているのを感じて同じように嬉しい!

そんな今日は、直島教会でお式の後ちょっとした軽食を用意しての茶話会で打ち合わせ。教会で前例がないプランなので、まずは牧師先生や教会施設の方にも相談してのスタートでした。ご了承いただけたとはいえスペースが教会内に限られるのが現状。何かいい方法がないか、アイディア勝負です。

今回はそんな動線やスペースの確保、時期的にも冬で屋外は厳しい状況が予想されるということで、お一人づつにきちんとお配りできるようなBento Boxのようなタイプにして木箱に入れて積み重ねていったら可愛いし挙式後の準備時間も短縮できるのでいいのではというアドバイスをいただけました。今回ケータリングをお願いする運びとなったラムさんは、料理面だけでなくサービスの経験も積んでいて、トータル的な意見や二人に寄り添ったサポートをしてくださる方で本当にありがたいです。(シェフにある近寄りづらいという雰囲気一切ゼロ!笑)
そして名古屋に帰り早速お二人へ相談。とはいえ、お二人は山形在住。遠隔での相談ですが、来年年明けには現地で打ち合わせ予定です。

最近は瀬戸芸の関係もあって、直島だけではなく小豆島はじめ他の島々も盛り上がりを見せています。ゆ〜ったりとした(時間が止まっているかのよう!?)島時間の中でのウェディング、よければご検討されてみたはいかがでしょうか。とてもオススメです*

Chica Motohana WEDDING DESIGN +++
WEB  http://c-weddingdesign.com
ウェディングの場所に決まりはありません
レストラン・ギャラリー・式場温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

お問合せフォー

カメラマンとのコミュニケーション術

最近ではインスタグラムや様々なSNS、webから流行りや結婚式の情報を拾いやすくなり、すごく便利になりました。私も色々とトレンドを拾ったりヒントをもらっているありがたいツールです。

花嫁さんにとっても欲しい情報をすぐキャッチできるようになり、ここ1年ほどたまにカメラマンへ、本番で撮ってほしいシーンやグッズの指示書というシートの作り方をレクチャーする記事もあり実行されている花嫁さんも増えていると思います。でもちょっと待ってください。それはもしかしたらカメラマンとの一方通行コミュニケーションになってしまっているかもしれませんよ。もちろん二人が一生懸命準備してきたからこそ取りこぼしがないようにしたい気持ちは十分わかります。 その一歩手前、そこにどんなストーリーがあるのかを知ることでカメラマンにとっても撮りたいイメージが湧いてもっと素敵な1枚を残せるかもしれません。ウェルカムブースを撮ってほしいとした場合に、その場所単体で撮ることは純粋にできます。でもそのブースに置かれているアイテムが、例えばゲストの手によって作られていたり思いが何かしら込められているor二人にとって所縁のあるものが含まれているetc…ということを知れるだけで、もしかしたら撮り方や、披露宴中何かのきっかけで撮り方が変わってくるかも?です。特に、フリーランスで活動するカメラマンとは違い、式場で1日に何組も立て続けに撮り続けているカメラマンは若干機械的な撮影になってしまっている場合もあるかもしれません(言い方ひどくてスミマセン!)。指示書1枚がペラっと渡されただけだと、式場からのプレッシャーもあり、撮り漏れがないことに集中してしまい、本来のカメラマンの感情が動くシーンを切り取るシャッターチャンスをも取り逃がしてしまうリスクがあるのではないでしょうか。

私のオススメは、心配であれば
1.カメラマンと事前に打ち合わせの機会を設けて顔合わせ
初めましてよりもきっと事前に互いの顔やキャラクターがわかると本番のコミュニケーションも楽チンになりますし、二人の笑顔もリラックスしたものになりますね。
2.シート共有はほどほどに
顔合わせの際にどんなものを当日撮って欲しいのか、伝えるだけでは少し不安な方でやっぱりシートを作成するのであれば、絶対ではなく撮れたらお願いする気持ちで渡すのが互いにストレスなくてグッドです。

ウェディングにおいてもやっぱりコミュニケーションが大事。クリエイターともいい関係を築きながら素敵なウェディングを迎えて欲しいと思います。

コーディネートのコツ step1

結婚式には色々なアイテム、クリエイターとの出会いがあり、その都度イメージを語り伝えていく作業が続きます。

準備初期段階で選ぶドレスセレクトでもどんなデザインや形がいいですか?などと希望を聞かれることから始まり、フラワーデザイナーとの会場のデコレーションの打ち合わせ、ウェルカム装飾、お料理のコース構成からプログラムへ反映される全てにおいて「ふたり」のことをこんなにも彩られる日というのは人生でそうない機会ではないでしょうか。

会場をセレクト後、正式なプランナーが決まるまでは期間がまだあったり、ふたりで準備をまずは進めていくこともあるはず。(私の方でサポートさせていただく場合は、サポートのご依頼から会場セレクト、準備期間に至るまで間の期間があくこともなくコンスタントにお会いして進めていくのでここではその流れは省きますね)

1.大前提大事にしたいこととそうでないしたくないことをふたりで話し合い書き出す作業をする。
これは互いに思い描いているフレーズは同じ「自然な」でも具体的などんなことが自然な結婚式なのか意外と違ったりするものです。例えば、新郎さまにとっては「ゲストと距離が近くて余興やイベントはあまり入れずゆっくり食事をしたい」 新婦さまにとって自然なとはもしかしたら「装飾をグリーンや山々にあるような風景を再現できるような1日にしたい」なのかもしれません。良い意味で違ってアタリマエ。でもその地道なすり合わせ作業の繰り返しが結婚式準備でもあり大事なことだと日々感じています。どちらかが一方的に進めて行く結果うまくいったカップルは見たことがないと言っていいほどかもしれません。
2.互いにイメージする好きな写真&嫌いな写真を共有する。
結婚式に限った画像でなくとも大丈夫です。インテリアだったりファッションだったり、ライフスタイルに基づく部分をウェディングの要素に取り入れるケースも多くありますのでイメージに合う写真をぜひ共有しましょう。また意外に嫌いな画像も確認できるとなおベターですね。
3.最後に1と2を組み合わせたシートを作成する。
手書きでもデータ作成でも二人がしやすい作業方法で大丈夫です。俯瞰して見てみると、改めて自分たちがどんな1日を過ごしたいのかが見える化されていくはずです。後悔しない結婚式の為にも、面倒でも最初のスタートが肝心!できたシートはプランナーさんへも共有したり、ドレスコーディネーター、フローリストetc…当日携わるスタッフが多いのが結婚式だからこそ、一言「ナチュラルな感じ」からもう一歩具体的にどんなものかが分かるよう工夫するのがポイントです。

家づくりで言うところの基礎の部分ですね。どんな家も基礎がしっかりしていないと崩れやすいように、結婚式でも同じようなことが当てはまります。まして家と違い、完成図が見えないからこそ、二人がどんな結婚式をイメージしていて、ゲストとどう過ごし、さらにはなぜ結婚しようと決意したのか、式を挙げようと決めたのかまで、言葉にして認識し合うことが一番重要で、コーディネートにも素早く展開していけると思います。
ぜひこんなことも参考に、二人のオリジナリティあふれるウェディングを実現していってくださいね!

夢とサンドイッチ♪

毎週の英語レッスンを終えて、今池駅近くのCRAFT SANDWICHさんへ。
ここ数日新しい夢が膨らんできてウェディングを通じて、街と繋がり、社会貢献できる道筋を作っていけたらという夢をどうしたら実現できるかを考えていました。普段から県外に出向き仕事をする機会が多い中で、地方へ行けばいくほど地元の活性に取り組んでいる人々を見て刺激を受け、ふと立ち止まると名古屋という自分の地元をなんだかないがしろにしているような思いに気づきました。普段から、実は名古屋に愛着心があるわけではなく、それ故に県外へ出向いて仕事をするのが好きだった私。それで楽しいからいいじゃん!と思いながら社会に出て過ごすこと15年ほど。社会経験も積んで、今度は折り返しの地点に立った時に、これからのウェディングに携わろうとしている方々、今の自分よりも若い方々に自分の知識を下ろしていき、より業界が発展的で活気に溢れる環境になっていくよう、自分のワークをスライドしていくべきという思いに至っています。自分にとって活かせる一つのツールが、ウェディング。でもそれだけでは面白くない。だったら何か他とミックスしマルチな掛け合わせで、地域が元気でるようなかけ算をしていこう!と考えています。

その1つが、四間道エリアでのステイ&ウェディングの創造です。
今日のミーティングでは、これからますます海外からの観光客も増えてグローバルになる中、インターナショナルな見せ方も重要だと感じ、英語の先生でもあり、本国では経営者も経験しているTamさんにアイディアと思いを伝え何かコラボしてできないかを相談してきました。

なにはともあれ、実現するにはお金もたくさん必要で(汗)
求む投資家さん!!
根気強く、インベスターを探していきます。

今日おじゃましたCRAFT SANDWICHさんは、国際結婚のご夫婦で営まれています。

駅から徒歩5分もかからない場所にあり、バケットも具もコーヒーもとーっても美味しかったです*ごちそうさまでした♪

 

Chica Motohana WEDDING DESIGN +++
WEB  http://c-weddingdesign.com
ウェディングの場所に決まりはありません
レストラン・ギャラリー・式場温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

お問合せフォー

センセー!

月に一度の先生タイム。
今まで教えるというのはあまりしてこず、現場で完全なるプレーヤーとして動くことの方が慣れている私。ご縁をいただいて、現場のウェディングプランナーさんへ、自分が経験したこと、学んだことを元に「教える」という挑戦をさせていただいています。
何を大切にして、どうしたらいい結婚式をプランニングできるのか?
いつも、何年経ってもテーマは変わりません。言葉で発信するのは簡単ですが、二人が置かれている家庭環境や、個人の価値観、結婚式一つとっても同じカップルがいないからこそ、コレ!という答えを導くのは難しくもあり、「結婚式挙げてよかった!」という言葉を二人から聞ける瞬間がプランナーとしての醍醐味でもあるのではないかと思います。

寺子屋的なので少人数なのですけど、人数が多くても少なくても「教える」というのはとても難しいです。自分ができていないと嘘になるし、説得力もありませんもんね。逆に、自分のお客様(新郎新婦のお二人)への接し方や、プランニングの仕方、スキルの励みになり、逆に私も学びの多い機会を生徒の皆さんからいただいている気持ちです。感謝と誠意。この2つのスタイルを大事に、私も新郎新婦のお二人にお返しできるよう頑張ります!

今週末もウェディング本番です。
日曜だけなんとか曇りor晴れマーク!!
晴れパワー発揮できるかドキドキ*

Chica Motohana WEDDING DESIGN +++
WEB  http://c-weddingdesign.com
ウェディングの場所に決まりはありません
レストラン・ギャラリー・式場温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

お問合せフォー

パーティースタイルをつくるひと。

8月ももう終わり。勉強代を大奮発して、大阪へNYから来たトッププランナーAnny Leeさんのコーディネート・プランナー塾へ参加してきました〜!! 写真の通りとても美人なAnnyさん。海外プランナーということで少し緊張したけど、話を聞くうちにハートフルな女性というのがじわじわ伝わってきて、勝手ながら!自分となんだかやり方とか共通する部分があって親近感が湧いてしまいました(言うのはタダ〜w)

たくさんの人種で織りなすアメリカ、特にニューヨークという大都市でトップとして活躍し続けられているのは本当に努力やセンスが必要なはず。アメリカでのパーティー文化はとても進化していて、日本でももっともっと「楽しむパーティー」を作っていきたい!ここ最近コーディネートのセンスアップをしたいと感じていたのでさらに強い思いにさせられた刺激ある時間でした。

アメリカと日本のウェディングのデコレーションの仕組みは全く異なっていて、コディネートの際に借りれるアイテムはとても幅広く豊富なのだそうです。また空間コーディネートを専門で受ける会社やクリエイターとプランナーとが連携してクリエイションしていく姿は当たり前。日本には空間デザインができる人がまだ少ないです。だからどんなにいいだろうと、妄想が膨らむばかりなわたし。その中でもAnnyさんは、そうした空間のスペシャリストと組むこともありつつ、予算がなかなか難しいクライアントさんのケースの場合は、Annyさん自身がスタイリストとなってコーディネートを進めるという話を聞き、わたしにもできるかもしれない!とふと帰り道感じて、同じようにもっとセンスを磨いて新郎新婦が困っているスタイリングの部分のサポートをしたいと思っています。
もちろん、そのためにはただ単にトレンドを追ってウワベだけのコーディネートなのではなく、1つ1つモノには意味と時代背景があって、その部分を大切にしていく学ぶ姿勢がとても大事なんだと改めて思いました。実際に、式場さんの撮影ではコーディネートの撮影のディレクションやスタイリングをささやかながらさせていただいているので、それを新郎新婦にもお役に立てれたらという気持ちです。
しかも嬉しいニュース。
ここで使用されているアイテム他に、アメリカから買い付けた小物たち(椅子やクロス、キャンドルetc…)が秋からレンタルできるようになります♪提案の幅がぐっと広がりますね。

まだまだ私にできることがあるのがわかり、すごくワクワクしました。
やっぱり学ぶっていつも何歳になっても楽しいですね!

Chica Motohana WEDDING DESIGN +++
WEB  http://c-weddingdesign.com
ウェディングの場所に決まりはありません
レストラン・ギャラリー・式場温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

お問合せフォー

伝える。

自分の思い描くイメージを言語で伝えるのはなかなか難しい。
ウェディングの準備ではたくさんの協力者に出会い、その度にイメージを語ることが必要なシーンが意外と多いものです。骨が折れる作業だけど、みんなそれぞれプロフェッショナルの分野で最大限二人に寄り添おうとする気持ちが伝わり、その熱を感じる度に私も力が入ります。

そして今日はお花の打合せで日比野にあるお花屋さん、Rukaさんへお二人と一緒におじゃましてきました♪ショップはなんと形容していいか、まさにRukaさんテイストな世界観で、お盆期間中でお花が一切無いということなのだけど、それでもワクワクするようなアート空間でした!!

世間はもうお盆バケーションですね。
蝉の声もまだまだ賑やかな8月。
打ち合わせを終えて外に出ると、もう夕暮れ時。
今日は少し風も吹いて、ほんのり秋の気配を感じました。

Chica Motohana WEDDING DESIGN +++
WEB  http://c-weddingdesign.com
ウェディングの場所に決まりはありません
レストラン・ギャラリー・式場温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

お問合せフォー

サプラ〜イズ☆

6月に結婚式をサポートさせていただいたお二人と嬉しい再会。

しかももっと嬉しいことに、法人にしたお祝いにと花束とベレー帽をいただきましたよー♪KaoriさんKenjiさん、本当に嬉しかったです。ありがとうございます!! 秋冬に写る私の写真はこの帽子と共にあらんw
私といえばベレー帽のようで、確かに、この間のWeddingLightsイベントでもベレー帽被っていなかったらイメージに無いよー!!と言われ、なんだかそういうイメージが定着しているのね。

昨日は想い出話やこれからのことエトセトラ。←二人の食事をお肉料理まで居座り話し込んでしまいました。だいぶお邪魔んぼしてしまってごめんなさーい!
その中で私のように、フリースタイルにサポートするウェディングプランナーを知ったきっかけや(Kaoriさんは、Kenjiさんと付き合う前にフリープランナーの存在の情報をキャッチしていたのだとか!!リサーチ力に脱帽っw)私のように活動するプランナーの存在をもっと知って欲しいという話をする中で、世の中には会場プランナーと花嫁さんとの間で実は不安や困っていることがいっぱいあるということを知り、少しショックを受けました。

また、「花嫁会」というプレ花嫁さんたちが情報交換、リアルに交流できる場が増えているのも聞いたり知っています。個人的には私は賛成と反対の半々。もちろん花嫁会にも数人で集まって会話する簡単なものから、大掛かりなイベントなど様々なものがあり、度合いが異なることも理解しています。でも結婚式には、お二人を中心にサポート側に徹しているたくさんのクリエイターの存在や、家族、列席ゲスト側の気持ちも介入してきます。結婚式を迎えるのが初めての花嫁さんが広い視野で多角的に準備を進めていけるかというと、それはなかなか難しい事でもあると感じます。

だからこそ、
二人の目となり耳となって全てコントロールして円滑に進めていくことがプランナーの大事なミッションなはず。巷で「結婚式場=騙されないように」という風潮が世の中に広まっているのは、私たち業界人の寄り添い努力が足りず、50年前からほぼ変わらないウェディングスタイルを繰り返してきた裏返しの結果なのかもしれません。でも現場のプランナーさんは、きっと私のようなスタイルと違い、会場に雇われているため、日々担当に追われ、お二人に時間を還元する間も無く毎月結婚式が進んでいくという現実なのではないかと。

私は今はそうした環境下ではないので(納得した結果で)、お二人のサポートができることがとても楽しいですし、ありがたいです。結婚式を通じて社会貢献することが私の1つのミッション。今の環境だから柔軟にできること、困っている新郎新婦はもちろん、ウェディングプランナーへも双方手助けできることがあれば、そうしたことにも挑戦していきたいと思っています。

次の世代へ、私が今いるこのブライダル業界がこれからももっとハッピーになれるように…

Chica Motohana WEDDING DESIGN +++
WEB  http://c-weddingdesign.com
ウェディングの場所に決まりはありません
レストラン・ギャラリー・式場温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

お問合せフォー