伝統ある教会で。

昨日から快晴が続いていますねー!
こんなに気持ちい天気は何日ぶりでしょうか。雨続きの東海地方にもようやく秋晴れにふさわしい天候が続いていて嬉しいです!
今朝は洗濯機を回してシーツを洗ってパシッと干してきました(笑)

さてさて、昨日訪れたのが多治見修道院です。
皆さんは多治見にこんなに素敵な教会があるのをご存知でしょうか?
私がこの東海エリアで一番好きな教会で、久しぶりに行ってきました!名古屋からは下道で1時間くらいでしょうか。私はいつも庄内川から瀬戸、定光寺を抜けて行く道がお気に入り。昨日は川も穏やか、日差しも柔らかく気持ちのいいしょートトリップとなりました♪

建物の目の前には芝生と大きな桜の木が2本。春はこの桜が満開になると淡いピンクと教会の雰囲気、青空とのコントラストが本当に綺麗なんです。

雰囲気あるこの修道院、歴史は古く昭和の初期から建造された由緒あるカトリック系教会です。二人を祝福するプロでスタントとは異なり、神に夫婦の誓いを立てます。宣教師の呼び方も、プロテスタントでは牧師先生なのに対して、神父様とお呼びします。ちなみに、日本の結婚式場ではほぼ前者のプロテスタントですが、カトリックの部分も入り交じっていたりと趣旨がごちゃごちゃなチャペルもかなり多いです(汗)
色々と厳格なイメージが強いカトリック。でも理解する気持ち、尊重という気持ちを大切にしていただければ近寄りがたいというものでは全くありません。
そしてカトリックの挙式では、本来、信者のみ許されるのですが日本では信者ではなくとも式を挙げることが許されています。ただし、必ず結婚講座を受けて心身の準備を整えて挙式に臨む必要があります。(講座内容や回数は教会により異なります。)

ここで挙げるお二人も、新郎様の地元が中津川で小さな頃お父様に連れられて遊びに来ていた場所なのだそうです。今は名古屋でお勤めですが、いずれは地元に戻る予定のお二人。過去と未来をつなぐ場所としても、所縁のある場で結婚式を挙げることを選ぶというのはとても素敵なことだと思います。合理的な式場での挙式と披露宴がセットになった仕組みも便利でいいものですし、所縁を大切にした結婚式もやっぱり大切にしていきたいなと思いました。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2018年10月までのサポートの受付をスタートしました!
どんな場所でもプロデュースいたします
直島・温泉ウェディングetc…
ご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、
問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問合せフォー