はじまりの日。

剥製のライオン!?ふたりはもちろんスタッフも驚いた異色のコーディネートでゲストをお迎えしたウェディング。この日は名古屋は栄にあるTheApartmentStoreさんを1日貸し切り、プロデュースさせていただきました!!ご存知の方も多いこちらのお店はファクトリーさんが手がけるセレクトショップです。なので毎回同じく言ってしまいますが(笑)、厨房も控室設備も什器類も揃っているわけではありません。全てこの日のために揃えたオーダーメイドな1日です。当日しか形にならない分、準備期間中はデッサン画や想像を膨らましての作業が続き、私もドキドキしながら当日の設営に臨みました。

最初は「入籍も済ませているし、式はせず堅苦しい結婚式じゃなくてみんなで騒いでご飯を食べるだけでいい。」と話していた新郎Tomokiさんと新婦Chizuruさん。なぜそう思うのかを聞きながら、形式ばった挙式でなくとも自由なスタイルで報告式をしてみてはと話をしていた時のことをふと思い出します。今では説得して挙式(報告式)の時間を設けたことは、ふたりにとってもゲストにとってもよかったと思います。それは地元である愛知を離れ、東京で新生活を始められている環境だったこと、妊娠のタイミングも結婚式と重なっていたことから、わざわざこの日のために集まってくださるゲストと食事をして帰るだけのイベントではなく、時間が10分でもいいからゲストへふたりからの気持ちを伝えることが大切だと感じたからでした。半年もない短い時間の中で始まった結婚式準備。普段から密に会って打ち合わせができず、体も思うように動かなくなる時期ということもありましたが、だいたいのニュアンスやテーマを決めた後はトータルコーディネートを私に任せてくださったChizuruさん。初めてのことも多い準備と妊娠で、不安なときもあったはずなのに大らかな気持ちで当日まで任せてくださったことに感謝しています。いつもとは違うテイストを表現するのは大変なこともありましたがまた新たしい経験を積むことができました。本番前夜はTomokiさんが熱を出してしまったり、会場入りする直前には警察官に職務質問を受けた!?などちょっとしたハプニングもありましたが、普段無口なTomokiさんが、ご両親に向けて今までの感謝の気持ちを伝えられていたのがとても素敵な場面でした。パーティー中はChizuruさんの体調も安定していた様子で終始穏やかに時間を過ごせていたようでほっとしています。これからは喜びも苦労も一緒に分かち合えるそんな夫婦でいてくださいね。心から応援しています*
wedding_motohana5 wedding_motohana4 wedding_motohana6 wedding_motohana3 wedding_motohana2 wedding_motohana1

そして、この日を創り上げてくださったカメラマンの瀬脇さん、ムービー担当のガーヒー、お花の志門くん、料理のメゾネットさん、PAのサトシさん、最後にアパートメントの店長水野さま。たくさんの皆様の力をお借りして成功することができました。連携と安心できるチームの力は偉大!!本当にありがとうございます。10月の結婚式は振り返ると全てゼロベースから作る結婚式ばかりで体力勝負な面も多かったのですが、メンバーに恵まれ私もおふたりの結婚式をサポートでき感無量です。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2017年11月までのサポートの受付をスタートしました!
ウェディングのご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、問い合わせフォームよりお問い合わせください
お問合せフォー