フリーランスウェディングプランナーの気持ち。

梅雨明けして毎日暑い日が続いていますがみなさん夏バテなどみなさんされていませんか?
アトリエ前の銀杏並木の葉の色もだいぶ濃くなって最近では蝉の鳴き声が耳を貫くほどすごい賑わいぶりです!!

最近では初めてお会いするカップルさんも来年の春を予定されているというお話しをいただく機会が増えてきました。見つけてお声をかけてくださり本当にありがとうございます☆
インターネットで調べているうちにフリーランスのプランナーの存在を知ってお問い合わせいただくことがほとんどなのですが、私はお会いした際には必ず会場専属のプランナーとフリーランスプランナーの違いを説明しています。どちらが良いか悪いかではなく、それぞれのデメリット・メリットを伝え、どの方法がおふたりに合っているのかをまずは見つけることが必要だからです。どちらも同じプランナーですがおふたりに合うイメージや叶えたい結婚式によって様々です。
結婚式準備は、新郎新婦にとっても初めてと言っていいくらい大きなプロジェクトを一緒に進めていくことになります。だからこそいつも以上に意識して話し合い、イメージや方向性を一緒に固めていくことが大事です。
wedding_motohana

例えば、同じ”ナチュラル”という言葉。

あなたはどんなナチュラルをイメージしますか?
「天然素材やオーガニック素材のもの」
「山々が並ぶ雄大な自然の風景」
「飾らず自然体でいること」etc・・・
目に見える内容から、見えないもののイメージまで人により想像する内容は様々だと思います。
これは夫婦も同じで、いざ言葉で出し合ってみると似ている場合もありますし全く違う場合もあってびっくりするはずです。

“人と変わったことがしたいから”というご要望も多くいただきます。
変わったことというのはウェディングの中で言い表すとしたら、”ふたりの個性を表現する”ことにつながっていきます。インターネットでたくさんの結婚式事例を簡単に見にいけるようになった反面、逆にそれがおふたりを悩ませているような気もするときが多くあります。自分の中で選別して合う情報だけうまく拾っていけたらいいのですが私も同じく、見れば見るほど悩むという負のスパイラルにはまってしまうこともありますよね。
でも立ち戻れる原点があるのとないのとでは大違い。
家も土台となる基礎がしっかりしていないと良い家が建たないように、結婚式も同じく基礎(コンセプトデザイン・テーマ設計)が大事です。おふたりの夫婦の基礎となるものはなんですか?結婚して夫婦の年を重ね、将来どんな家庭を築きたいですか?結婚式はその日がゴールではなくて何十年と続いていく夫婦の道のりがスタートする始まりの日です。会場を決めて、衣裳を決めて、ペーパーアイテムを選んで・・・とい作業が結婚式の準備の全てではありません。

どんな結婚式がふたりの理想のカタチなのかはきっとおふたりの中に必ず答えがあるはずといつも思っています。初めてお会いした時にもそうした部分を聞きたいと思いますし、サポートさせていただいているおふたりとも変わらずその想いを大切にしていきたいと思っています。なかなか自分のことを伝えるのは照れくさかったりします。できる限りでもちろん大丈夫なのでたくさんのストーリーを聞きながら結婚式を一緒に叶えていける存在でいれたら嬉しいなと思います。
困ったり、悩んだりしたときいつでも相談してくださいね!!
時には立ち止まって考えたり戻ったりしても大丈夫。
悩みながらも1歩1歩
前へ進んでいけたらきっと素敵な結婚式になるはずです。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2017年7月までのサポートの受付をスタートしました!
ウェディングのご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、問い合わせフォームよりお問い合わせください
お問合せフォー