北の大地へ part1

お盆休みを前倒しして毎年お休みをいただく7月の半ば。
今年も昨年訪れた北海道が忘れられず2泊3日で行ってきました〜!
やっぱり夏の北海道は格別です*
旅のお供は母とふたり。ブログに3編に分けて旅レポアップです!(すみません!いつもにも増して長文になってしまいまして!!)

初日の朝はセントレアより飛行機で北海道へ移動です。所要時間は1時間半!東京へ新幹線で行くのと同じ移動時間ですね。着いたら早速レンタカーの手続きへ。今回はトヨタレンタカーではないので、ロングターム駐車場という空港から車で3分ほど離れた場所で車をピックアップしました。残念ながらこの日はあいにくの雨模様。北海道の夏にしては珍しく雨です。
ひんやり寒くてまだまだ冷えるのでこの時期でも羽織りものは必携です。

まず向かったのはラベンダーやメロンなどで有名な地、富良野。着いたのはお昼前でしたが、この日は日曜日でランチタイムの混雑を予想して早めの昼食です。白樺さんというジンギスカンが美味しいと評判の専門店でカンパーナ六花亭の敷地内にあり、帯広が本店のこちらをセレクト。本当は、六花山荘というお店に行きたかったのですが満席(ショーッック!)でしたので人生初のジンギスカンにトライ。
ジンギスカン

メニューはいたってシンプル。ジンギスカン・ラム・キムチ・白ご飯・味噌汁という具合です。私たちは臭いの少ないラム肉をオーダー。数分もしないうちに、すべて運ばれてきて(みなさん仕事早いっ!)、早速焼き焼き。羊の肉は好きでよく食べますが、和風の味付けがされた羊もとても食べやすく美味しかったです!味噌汁もお出汁が効いていて母にも好評。ちなみに白味噌でした。食べ終わったお皿類はまたお姉さん方がテキパキと下げていきます。最後まで仕事が早いみなさん。じゃんじゃんお客さんは入ってくるけど回転も早く私たちも30分ほどでお会計でした(笑)お値段もお財布に優しく味も良いお店で正解でした◎
カンパーナ六花亭

食後はすぐ隣のカンパーナ六花亭さんでお土産をたっぷり購入。
と、食後のデザートでお腹を満たし次の観光スポットへ!(母はこのモンブランとふらのもちというお餅をペロリとたいらげていました。恐るべし食欲!)
ファーム富田

訪れたのはラベンダーで有名なファーム富田さん。
雲が多いのが残念だったけど、濃紫早咲といラベンダーは見頃でとても綺麗でした◎それにしてもやはり人気観光地だけあって天候が悪くても人が多く賑わっていました。写真には必ず人が入ってしまいますね。
ここでも花より団子のクセで、お隣にあるとみたメロンハウスさんでカットメロンとメロンの果肉入りソフトクリームを完食。さすがにもう満腹でギブアップ!メロンはとみたさんには申し訳ないのですが、お高いので別の穴場スポットで買います。

しっかりラベンダーも目に焼き付けて(笑)、途中寄り道しながらも早めに宿へ無事到着。宿は昨年と同じ、美瑛のペンション薫風舎さんの予約が取れました。
取れたというのは、こちらはいつも満室で部屋数も少なく思った日に取れないことがほとんどで、今回も空いている日に合わせて来ました。

食事までしばらく時間があるので、その間にお風呂です。ペンション内には共同のお風呂があって昨年はここに入りました。今回は調べてみると白金温泉という明日訪れる青い池の近く、車で20分のところに温泉があるそうなのでそこへ行ってみることに。やっぱり温泉はいいですね〜。ほっとします。
白ひげの滝

写真は湯上りに歩いてすぐの場所に流れていた”白ひげの滝“です。
この滝の水にはアルミニウムなどの微粒子が含まれていて美瑛川と混ざるとコロイドというものが生成され、太陽の光と衝突して青く見えるのだとか。ここから先繋がっている青い池も同じ理由で青く、綺麗なブルーリバーとなっています。
ネットなどで写真だけて眺めているとふ〜んという感想でしかなかったのですが実際に見てみるとその青さにビックリします!
この滝を眺めるには橋梁から。それで、つい最近実はそうかも。。と感じるのは、吊り橋などの完全に自分だけの状態(車で通るのは問題なし)での高所は少し苦手で、ひゅい〜んと身が縮まる思いです。ジェットコースターは大好きなんですが・・・(体がホールドされているから?)
でもとにかく滝は綺麗でしたよ〜!

さぁもうすぐ楽しみにしている美瑛の晩ご飯です。こちらは次回のレポートにしたいと思います!
次回は、お宿の夜から翌日のお昼編です〜!