オリーブにつつまれた1日。

「僕たちの好きなように結婚式をかなえてくださり本当にありがとうございます」
新郎Dさんが謝辞の中で伝えてくださったことば。ふたりらしい結婚の日を迎えることができたこと、私も本当に嬉しいです。

招待状から始まり、当日のコーディネート、プログラムにいたるまで、ふたりのシンボルとして選んだのはオリーブの木です。ヨーロッパでは平和の象徴として用いられているとおり、その想いが形になったかのようにパーティーでは家族とのつながり、たくさんの友情にも囲まれて終始笑いに満ちたアットホームなパーティーになりました。私もほっこり後ろから見守らせていただきました*
ちょっとしたハプニングも全て含めてなのが結婚式ですねw

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-10-12-12-24 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-10-12-24-19

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-10-11-39-37 motohanachica

リースブーケ
この日を迎えるまでにはたくさんの打ち合わせを重ね、どんな1日がふたりらしいかをいつも考えながら、辿りついたように思います。準備はふたり探しの連続です。正解はなく、私も1組1組ふたりに寄り添いながらプロデュースさせていただくのですが、どの結婚式でも当日ゲストと過ごす時間の濃さを大切にしたいと思っています。多くあるパーティーの時間は2時間と少し。限られた時間だからこそ、そんな部分を大切にできる日を思い出に残せたらということで、今回は1部と2部を設定し、結婚式の1日をたっぷり過ごすことをふたりは選ばれました。
ふたりらしい方法はいく万通りもあり、たくさんの時間を使い会話をしながら見つけ出していき、形にする作業は苦労も多いのですがきっと思い出に残る1日になるのではないかなと感じています。

Dさん&Sさん、ご結婚本当におめでとうございます☆
これからもいつもとかわらないおふたりで、どうかお幸せに!

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com
2017年9月までのサポートの受付をスタートしました!
ウェディングのご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、問い合わせフォームよりお問い合わせください
お問合せフォー