スタイリストのお仕事。DAY2

スタイリストのお仕事2日目は撮影本番初日です。
お花は尊敬するフラワーデザイナー、ミニエマキシの聡子さんとヘアメイクはモッズヘアの池田さんです。食事や打ち合わせなどでお話をする機会が今まであったとしても間近でお二人のお仕事を見たことは無かったので感動ものでした!!

この日は撮影場所が多いため、朝の5時入り。
チャペルから始まり、2つのバンケットをシューティングしていきました。
撮影に関わるスタッフは総勢、約20名ほどだったと思います。(東京と名古屋の規模感の違いがここでも感じずにはいられません)

私はモデルさんの衣裳を準備して着させてあげたり、撮影小物の準備とセッティング、現場で足りないものを運んだりとなお子さんのアシスタントして臨機応変にサポートです。会場内とても広くエレベーターを乗り継ぎながらのシューティングは11時間中、何往復したかわからなくなくくらいで足もパンパンでした。結婚式本番でもこのくらいの動きはしているつもりでも慣れない作業と気付かず神経を使っていたからかタフな私でもバテ気味な夜でした。万歩計を付けていたらすごい歩数になっていたはず。
 

撮りたい絵ごとにセッティングを変えていきながら必要なカットを撮り納めていくのですが、今回は人なしハコ俯瞰とモデルありのパーティーシーンなど2軸同時進行で進んでいき全体の作業量はかなりのもの。


会場はSORANIWA(上)とMORI(下)とでテイストが全く違うのですが、どちらも開放的でものすごく私の好みでした!

初日の撮影を終え、足がヘトヘトになりながらもDAY3の記事へと続きます。