和とナチュラル。

先回のエスコートボードのお話からの続き。
今日はコーディネートについて少しお話したいと思います。

この日完成させたのは、和の空間の中でグリーンをたっぷりとクラシックな場所にナチュラルさを取り入れたウェディングです。

新郎新婦が着席する椅子はベンチやテーブルではなく四角いスツールを置き、渋めの色味の布をかけました。また曲線より直線の方が和の雰囲気の中では相性がいいのでゲストテーブルの配置においても長テーブルを置いたクラシカルなコーディネートにしていきました。

普段からそうなのですが、おふたりごとに設計したテーマやイメージを元にコーディネートのイメージを頭の中にインプットしています。あとはそれを形にしていく作業を延々と確認しながら繰り返していく感じです。途中途中、当日までに必要なアイテムをおふたりが用意したりすることもたくさんありますし、私が造作することもあります。もちろんふたりとのイメージ共有の確認もしっかりしながら進めていくのでギャップになることもなく、装花の提案でも同席していきながらこのイメージボードが共有されスムーズに進んでいきます。
FUMON-EN_2 FUMON-EN1

よくお花屋さんと打合せを進めてもプランナーに確認しないと判断がつかなかったり、双方迷ってしまい答えが出せないままで終わってしまう話も聞いたりします。
それは、本来のふたりが目指すウェディングの1日のことやテーマカラーなど基本的なことを話し合わずに進んできてしまいいざとなると決めれないということも理由の1つだと思っています。「君のすきなようにしていいよ。お任せ。」というご意見の新郎さまも中にいらっしゃるようですがやっぱりふたりの結婚式だから花嫁にとっては新郎と一緒に考えてほしかったりもします。「自由な結婚式」が主流になりつつもいざ取り組むと迷ってしまうふたりが多いように感じています。そんな時フリーランスのプランナーだからこそできること、周りにとらわれずにふたりの意見をプロの目線でアドバイスできる頼もしい存在でサポートできたらと思っています。

今年のウェディングのサポートも残りあと少し。
いよいよ来週で大詰めです!今年は暖かい日が続いたせいか紅葉が少し遅めなのかな?今週からぐっと寒え込み、もみじもようやく見頃を迎えるそうで楽しみです。
みなさんも寒くなる季節、お体壊されませんように^^
ではでは。

Chica Motohana WEDDING DESIGN ++++++++++++++
WEB  http://c-weddingdesign.com

2016年11月のサポートの受付をスタートしました!
ウェディングのご相談・お申し込みについては
ウェブサイト、問い合わせフォームよりお問い合わせください
お問合せフォーム