ウェディングに携わるということ

式場のウェディングプランナーさんへの勉強会を定期的に開催するようになってから早いもので数ヶ月。

改めて「結婚式とは・・・」「結婚式のプランナーとは何のためにいるのか」「結婚式の価値や可能性」

伝えるということは、当たり前の様にやってきた事の意味も自身に問う、こうしてプランナーさんに想いを伝えることで自分自身貴重な機会をいただいていると思います。

お二人に向かう姿勢や、現場のクルーに求められ、それを超える形で応える姿勢や活動一つ一つが本当に日々勉強と反省です。

 

やっぱり結婚式の力や可能性は間違いない。

そう感じるからこそ、もっと創りて側の一喜一憂で変わるんですよね。今「変わらなきゃいけない。成長しないといけない。」ということも、「結婚式とは・・」「プロとしてすべき事、チームとしての可能性」「プランナーとしての立ち位置・何をすべき存在なのか」の所から、私たちの思考を自由にかえる事が小手先の事をするより大きく変わる気がします。

プランナー1人では到底結婚式は実現できません。他のヘアメイクさんや司会者、音響などのパートナーの皆様に関してもチームとして1つの結婚式を創り上げるその思いが波及していけばいいなと・・・

誰よりも二人のことを理解しているのがウェディングプランナーです。二人の代弁者として、何名ものクルーを束ね、信頼の元につくられていく結婚式をもっともっとお手伝いできるはず。これからも結婚式の可能性をもっともっと探っていかないとですね。